スタッフブログ

母体救急院内研修

2018年02月13日

寒い日々が続いていますね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

先日、このブログでも母体救急研修に参加した話しがありましたが、早速、院内でも同様の研修を行いました。
麻酔科医の柏木先生と院長にご指導いただきます。
柏木先生の研修はいつも的確で分かりやすく、ちょっと笑いもあったりであっという間の2時間でした。
IMG_0253.JPGIMG_0248.JPG

今回の研修は実際の陣痛室を使って、日中と夜勤の時とスタッフ人数も考えながら、より実践的に行ってみました。
胸骨圧迫も真剣です。2分も行うと力が入らなくなるので、声を掛け合って交代し救急車の到着を待ちます。
「こんな時はどうする?」などの意見交換も活発に行われました。

もちろん、母子ともに元気な出産が一番なのですが、出産は命がけです。
万が一のときに、スタッフがみな同じスキルを持ってママと赤ちゃんに対応できるように日々学んでいきます。

投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分