スタッフブログ

戌の日と水天宮

2018年03月18日

皆さまこんにちは!
暖かい日も増え、春の訪れを感じますね。

さて、皆さま戌の日をご存知でしょうか?
昔から犬は安産の象徴とされており、妊娠五か月の時期に安産を祈願し、腹帯を巻くという風習が、江戸時代中期から行われているそうです。

IMG_20180118_120427.jpg

戌の日の参拝先として、東京では水天宮が有名ですね。
境内の中には干支とともに犬の像があり、お母さんの干支、赤ちゃんの干支に触れると良いそうです。
わたしも先日水天宮へ参拝に行ったのですが、沢山の参拝客で大変賑わっておりました!
いつの時代も安産を願う気持ちは変わりませんね^^

余談ですが境内には母河童と3匹の子河童の象も設置されています。「安産子育河童」というそうです。
その昔、水天宮に縁のある藩主、有馬公から助けを受けた河童が恩返しに藩主の村を水害から守ったと言われています。
水を守る=羊水を守るという意味合いもあるそうです。
参拝に出向かれた際は、ぜひ、可愛らしい河童の親子もチェックしてみてください★

それではまた!

投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分