Dr.聡のコラム

妊娠と葉酸

2017年01月24日

葉酸が胎児の神経管閉鎖障害(二分脊椎)の発症率を低くするということで、欧米では1990年はじめより認識されはじめ、1998年アメリカでは葉酸のサプリメントを摂取することを勧告されましたが、2001年の調査によりその効果が発表されたことにより葉酸の重要性が世界的に認識されるようになりました。
我が国においても、平成11年度の厚生科学研究において、我が国の神経管閉鎖障害の発症率が増加傾向にあることが報告されたこと、さらに今後食生活の多様化による食物摂取の個人格差のため葉酸摂取量の不十分な人が増加する懸念もあることなどから、我が国の現状を踏まえた葉酸の摂取による神経管閉鎖障害の発症リスクの低減の可能性について検討する必要性が認識されるようになってきました。平成12年に厚生省から神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供についての通達がなされるようになり現在に至っています。しかしながら、その後ずいぶんと時は経ていますが、まだその葉酸の重要性の認識はそれほどではないように思われます。
一般に栄養素は摂取後すぐにその効果は出ないため妊娠時に必要な栄養素や不足しがちな栄養素は、妊娠前から摂取しておくことが大切だと言われています。中でも葉酸は、妊娠1ヶ月以上前からの摂取開始が推奨されています。これをみた皆さんは、妊娠してから始めたら遅いのではと思われたかもしれませんが、今からでも遅く有りませんので今からでも始めましょう。
また、最近の研究では神経管閉鎖障害だけでなく、その他の胎児異常の発生率低下の効果や、早産予防の効果、そして妊娠中のお母さんの貧血の改善やその他の妊娠中の合併症の予防にも効果があるとの研究結果もでていますので、妊娠において葉酸が重要であることがわかります。
妊婦(18歳以上)が推奨されている葉酸の摂取量は480μgといわれていますが、現代社会の食生活で、実際に食事から摂取されている葉酸は推奨量の半分以下と言われており、食事のみでは摂取するのは困難であるため、サプリメントとして葉酸をとっていただくことが奨められています。
決められた量を守ってサプリメントを取っていただければ安心です。サプリメントによっては、含まれている栄養素のなかには妊娠中には多い量が含まれていたりしますので、ご心配な方は妊婦健診時に医師に御尋ねください。

葉酸のお話は当院のキラキラ妊活コラムでも取り上げていますので、併せてご覧いただけると幸いです。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分