母乳育児を支える

2016年8月の記事一覧

搾乳《前編》

2016年08月02日

8月に入り夏本番ですね。みなさまはどのような夏をお過ごしでしょうか?yacht

今回のテーマは『搾乳』です。

母乳育児を行っている方、これから母乳育児を考えている方の中で
・母乳の量をもっと増やしたい
・乳首が痛くて直接授乳ができない
・赤ちゃんを預ける必要がある
・赤ちゃんの体重を増やすために人工乳(直接母乳以外の補足)が必要と言われた
…などの理由で、母乳育児ができなくなってしまうのではないかと
困っていたり、心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろんこれらの理由で人工乳を使用することもできますが、
『もっと母乳を頑張りたい!』という方には搾乳という方法がありますflairflairflair

赤ちゃんが母乳を飲んだ後でも乳房の中は空っぽになることはありません。
直接母乳の後でも赤ちゃんが飲みとった量の一割以上は搾乳できると言われています。

搾乳をすることで母乳の生産量を増やすことができ、
搾母乳を与えることで栄養満点な母乳を赤ちゃんに与えることができます。
さらに搾母乳は保存が可能なため、必要な時に搾母乳を赤ちゃんに飲んでもらうことができます。
搾乳はママにとっても、赤ちゃんにとってもメリットがあることなのですshineshine

搾乳をすると母乳の生産量が増えるので、乳房の張りや痛みがある時は、
搾乳をすることで症状が強くなることがありますdanger
そのため、搾乳の間隔は3時間以上空けるようにしてください
また乳房の張りが完全になくなるまで搾乳せずに、
乳房の張りが少し軽減したと感じる程度でやめるようにして下さい


搾乳は手で搾乳する方法と、搾乳機を使用して搾乳する方法があります。
◆手で搾乳する場合◆
・いつでも道具なしで搾乳する事が可能(*搾母乳をためる容器は必要です)
・費用がかからない
・慣れるまでは搾乳機を使用する場合よりも時間がかかる
・手が疲れることがある

◆手動搾乳機の特徴◆
・手を乳汁で汚さず搾乳できる
・電源がなくでも搾乳機が使用できる
・電動搾乳機よりも安価
・使用ごとに搾乳機の消毒が必要
・手動のため手が疲れることがある

◆電動搾乳機の特徴◆
・赤ちゃんが乳頭を吸っている状態に近い刺激ができる(母乳量UPに効果あり!!)
・両方の乳房から一度に搾乳できる(*ダブルポンプ搾乳機の場合)
・電動のため手が疲れない
・電源が必要
・手動搾乳機よりも高価
・機種によっては購入かレンタルを選択できる
・使用ごとに搾乳機の消毒が必要

当院では電動搾乳機・手動搾乳機の準備がありますので、
入院中に使用して頂くことが可能です。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、
ご自身のライフスタイルや考え方に合わせて
搾乳方法を検討してみてくださいねclover


次回の搾乳《後編》テーマは『手搾乳の方法、搾乳の保存・解凍方法』です。


胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分