母乳育児を支える

母乳量を増やすためのマッサージ

2017年08月22日

こんにちは!
涼しくなったり、暑くなったり、雨が降ったり…cloudsunrain
気候の変化で体調を崩されていませんか?

『もっと母乳の量を増やしたい!』とお考えのママへ
こちらのBlogでも何度か母乳分泌をUPさせる方法をお話ししていますが、、
今回はオキシトシン反射を促すマッサージのご紹介です。

オキシトシンというホルモンは別名:愛情ホルモンとも言われ、
母乳の分泌を増やすという重要な働きのほかにも、
赤ちゃんを可愛い♡と感じさせたりする働きがあります。
(詳しくは2013年7月のBlogでお話ししていますので、そちらもご参照ください)

授乳・搾乳前に乳頭を刺激したり、
赤ちゃんの泣き声を聞いたり、赤ちゃんのにおいを感じたり、
赤ちゃんの写真や動画をみることでもオキシトシン反射を促すことができると言われています。
さらに!背中のマッサージでもオキシトシン反射を促す作用があると言われています。

cutecuteオキシトシン反射を促すマッサージの方法cutecute
①テーブルのような台の上にうつ伏せになるような姿勢になります。
 必要に応じてクッションやバスタオルなどを利用して楽な姿勢になるように調整しましょう。 
②図のように、背中・肩甲骨の間、背骨の両側をマッサージします
 マッサージの強さや回数は気持ちよいと感じる程度で行います。


オキシトシン反射.png


赤ちゃんのお世話をしていると、授乳姿勢や抱っこによって
背中や肩のこりが辛いママは多いのではないでしょうか?
母乳分泌UPの目的以外でも、誰かにマッサージしてもらうことで
心も身体もリラックスできるかもしれませんheart01confidentheart01

赤ちゃん中心の生活になることが多いと思いますが、
ママの身体をいたわる事も大切です!
母乳分泌UPとリラックスも兼ねて、ぜひ試してみてくださいshine

引用文献:UNICEF/WHO赤ちゃんとお母さんにやさしい母乳育児支援ガイド ベーシック・コース― 「母乳育児成功のための10カ条」の実践 医学書院



胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分