妊活コラム

妊娠するならこれは知っておいてほしい、ここを気を付けてほしい、こういうことを考えてほしい……といった情報を中心に皆さまへお届けします。
当院ではこれから妊娠を迎える方のためのプレママ健診も行っております。
プレママ健診: http://mothers-clinic.jp/exam/premama.html

2014年12月の記事一覧

「子宮」を知ろう

2014年12月30日

みなさんこんにちはsun

今回は、赤ちゃんを育てるための大切なお部屋「子宮」についてのお話しです。
女性の身体には、赤ちゃんを育てるために必要な臓器がいくつかあります。その代表といえるのが「子宮」です。
子宮は、妊娠していないときはどのくらいの大きさかご存知ですか?
鶏の卵(約7㎝)ほどの大きさしかないんです。
その「子宮」がいよいよ出産近くまでに月日が進むと、すいかほどの大きさまで変化します。
3Kg前後の赤ちゃんを「子宮」の中で育て、産むわけなので、当然そのお部屋も大きくなります。

妊娠していない女性は、月に一度その部屋の改装を行います。
これが一般にいう生理です。子宮の内部は内膜とよばれるふかふかの絨毯が敷き詰められ、受精卵の着床を待ちます。
着床が起らなかった内膜は、月に一度その部屋の改修を行い、また新しい絨毯を敷き詰めていきます。
この過程でいらなくなった絨毯(月経血)が体の外に排出(月経=生理)されていきます。
このように女性の体は、月に一度体の状態をリセットする機能を持ち合わせています。

子宮の状態は、月に一度起こる生理が順調かどうかを把握することが大切です。
しかし、これだけでは子宮の内部の状態までは分かりません。そこで必要になるのは婦人科検診です。
プレママ健診では、子宮の状態をエコーで確認することができます。それにより、より詳しく子宮の状態を知ることができ、
診察を同時に性病やがん検診も一緒に受けることが出来ます。
この機会に一度プレママ健診を受けられてみてはいかがですか。

次回のキラキラ妊活コラムは、婦人科検診の実際の様子についてです。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分