妊活コラム

妊娠するならこれは知っておいてほしい、ここを気を付けてほしい、こういうことを考えてほしい……といった情報を中心に皆さまへお届けします。
当院ではこれから妊娠を迎える方のためのプレママ健診も行っております。
プレママ健診: http://mothers-clinic.jp/exam/premama.html

2016年12月の記事一覧

インフルエンザの予防接種について②

2016年12月09日

では、インフルエンザの予防接種に関してご紹介しました。
続いて、インフルエンザに予防に関してお話ししたいと思います。
 
予防接種に関してはさまざまな考え方があると思います。
インフルエンザの予防は、なにも予防接種だけではありません。
手洗い、うがいを徹底する。人込みを避け、外出する際にはマスクを着用する等基本的な予防対策が重要です。
もちろん家族にも徹底してもらう必要がありますので協力してもらいましょう。
しかし既に小さなお子さんがいる家庭だと、お子さんが幼稚園や小学校でインフルエンザをもらってくることが非常に多いです。
とくに予防接種を受けることが望ましい方は
* 喘息などの呼吸器疾患や心疾患、糖尿病などの持病のある方。
* 普段から風邪を引きやすく、長引いたり高熱が出たりしやすい方。
* 安定期以降の妊婦さん
* インフルエンザ患者に接する機会のある方
(医療従事者,学校・幼稚園・保育園等の勤務者など)
これらの条件をもとにご自身で考え予防接種を受けるか受けないかの判断をするのが良いでしょう。
不安な方はかかりつけの産院で相談してみて下さいね。
  cold.jpg
インフルエンザの症状の特徴としては、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、関節痛や食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります。
風邪症状は咳や鼻水、のどの痛みなどから始まり、症状は緩やかに出て来ることが多く、突然の高熱や関節痛はインフルエンザを疑うと良いでしょう。

今の時期から流行することが予測されるインフルエンザを予防して楽しい冬を過ごしたいですね

インフルエンザの予防接種について①

2016年12月09日

最近はすっかり寒くなってきましたね。
この季節、気になる病気のひとつがインフルエンザです。
 
今回は、インフルエンザの予防接種に関することをお伝えします。
妊娠中、予防接種を受けても良いものなのか?気になる方は多いと思います。
結論からお伝えすると、「受けることが推奨されています」。
これまでに赤ちゃんに悪影響が出たという報告はなく、流産・奇形の危険性が高まるという研究結果もないため妊娠初期も含め全妊娠期間においてワクチン接種希望の妊婦さんは接種することが出来ます。
しかし、妊娠しているかどうかに関わらず重いアレルギー(特に鶏卵類)のある方はinful.png
重篤な副作用を起こす可能性が高いです。迷った時は産院で相談しましょう。
 
 

予防接種の基本的な考え方は、予防接種による副作用・副反応よりも病気になってしまった方が重大だという判断によるものです。
特に妊婦さんに限っては、インフルエンザに感染した場合、インフルエンザウイルス薬ははっきりと安全性が確認されていないので十分な考慮の上で投与することになっています。
そのため、予防接種をせずにインフルエンザにかかってしまうと症状が長引き、辛い思いをすることになってしまいます。また、妊婦さんは免疫力の低下や身体の変化からインフルエンザに感染すると重篤化しやすいと言われています。
 
これらのことから、妊婦さんは特にインフルエンザに対する予防が大切になりますね。
そして、インフルエンザかな?と思ったら早めの受診をおすすめします。

で予防についてお話します。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分