院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

カテゴリー

安全な無痛分娩を行うために求められる医療体制(スタッフの研修について)

2020年01月17日

2018年3月29日付で無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築についての研究グループ(代表海野信也)が『無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言』を発表しました。
今まで、無痛分娩を行う施設は特に施設基準などもなく、自主性を重んじ医療が行われてきましたが、無痛分娩の医療事故が報道され、不安が募る中、研究班が創設され調査が始まり、この提言によって今後の無痛分を行う施設の一定の基準が設けられました。この提言に強制力はありませんが、皆様が今後無痛分娩を行ううえで、安全に管理ができる体制かどうかを皆様がチェックできる一つの指標になると思います。
今回はこの内容を何回かに分けてご説明したいと思います。
第1回は『スタッフの研修』について説明します。

提言の中でスタッフは2年に1回程度講習を受講する必要があると述べられています。
内容としては,
① 安全な産科麻酔※1診療のための最新知見の習得及び技術向上(Aコース)
     無痛分娩麻酔管理者※2、産婦人科専門医の麻酔担当医※3が定期受講
② 産科麻酔に関連した病態に対応できること(Bコース)
     無痛分娩麻酔管理者、麻酔科医または産婦人科専門医の麻酔担当医が定期受講
③ 救急蘇生が実施できること(Cコース)
     無痛分娩麻酔管理者と助産師または看護師は受講歴が必要
     麻酔科医または産婦人科専門医の麻酔担当医が定期受講
④ 安全な産科麻酔実施のための最新の知識の習得とケアの向上(Dコース)
     助産師または看護師の定期的受講

この講習は上記のように職種(無痛分娩麻酔管理者/無痛分娩担当医、産科医/麻酔科医)によって受講する内容も異なります。過去の無痛分娩の事故を検証した中で、知識やトレーニングが不十分なために悪い転機につながったと考えられ、安全な無痛分娩を行う底上げとして教育、研修は必要と考えられます。
当院の場合は当院ホームページより確認することができます。
課題としてはまだ十分な研修場所や回数がなく、受講したくてもできない医療従事者が多いため、今後開催日数や場所を増やしていただきです。

※1産科麻酔:産科麻酔とは産科に関連する麻酔のこと。無痛分娩や帝王切開などの際の麻酔のこと
※2無痛分娩麻酔管理者:今回の提言によって設定された、その施設での無痛分娩の責任者
※3無痛分娩担当医:今回の提言によって設定された、その施設で無痛分娩を行う医師

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分