院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

カテゴリー

安全な無痛分娩を行うために求められる医療体制(情報公開について)

2020年01月24日

2018年3月29日付で無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築についての研究グループ(代表海野信也)が公表した『無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言』についての解説第2回です。
今回は『情報公開』についてです。

無痛分娩を受けたいと妊婦さんあるいは家族の皆様が思ったときに、通いたいと持っている医療機関が安全に無痛分娩を行えるのかなど無痛分娩についての情報を知る機会が必要になります。そこで提言の中で無痛分娩を行っている施設は情報を開示する必要があると提言しています。
『無痛分娩取り扱い施設は、無痛分娩を希望する妊婦とその家族が、分かりやすく必要な情報に基づいて分娩施設を選択できるように、無痛分娩の診療体制に関する情報をウェブサイトなどで公開すること』とあります。
具体的には無痛分娩の診療実績、説明文書、方法、急変時の体制、危機対応シミュレーション実施歴、無痛分娩麻酔管理者および麻酔担当医の麻酔科研修歴、無痛分娩実施歴、講習会受講歴などです。
これらの内容は各医療施設のホームページからも確認できますが、JALA(無痛分娩関係学会団体連絡協議会)のホームページから無痛分娩施設検索をクリックし、施設ごとの内容を確認することもできます。
現在JALA登録施設数は2019年12月11日の時点で85施設とまだまだ掲載していない施設も多く、充実した内容が求められます。
無痛分娩を行った施設が何も調べないために運悪く、十分な安全体制の整っていない施設でないことを防ぐために事前に調べることも大切だと考えます。
当院の場合はホームページ上に情報を掲載するとともに、JALAにも登録しております。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分