院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

2020年8月の記事一覧

無痛分娩中の過ごし方

2020年08月01日

無痛分娩中は妊婦の皆様に過ごし方について、いくつかお願いがあります。
①立ち歩くことはできません
痛みの神経だけでなく、運動神経も少しブロックするため、立ち上がろうとすると転んでけがをしてしまうかもしれません。そのため、ベッド上で過ごしていただきます。
脚が全く動かないというわけではありません。いつものように軽やかな動きはできないということです。
②食べることはできません。
絶対に食べてはいけないというわけではないのですが、無痛分娩中、食事は控えていただきます。理由として、食べ物を食べていると吐き気の原因になること。そして吐いたものを誤って肺に吸引して肺炎を起こすことを避けるためでです。
お腹が減ってしまいますよね。
ごめんなさい(-_-;)
 
一方で以下のようなことは行って構いません
①ベッド上では動いても構いません
前述したように歩くことはできませんが、ベッド上で横を向いたり、座ったりすることはできます。麻酔や点滴の管は抜けないように固定してありますので、動いても大丈夫です。麻酔をしているからとジッと動かない方もいらっしゃいますが、動いて構いません。
我々としてもある程度は動いていただいたほうがいいと考えます。
脚を動かさないまま過ごしていると深部静脈血栓症になってしまうことがあります。エコノミークラス症候群と同じものですが、動かさなくなった脚の血流がうっ滞することで、血栓ができてしまいます。
他にも、麻酔が効いているため、通常ですと足が痛くなることがあっても痛くありません。踵(かかと)や踝(くるぶし)など、脂肪や筋肉がついていない場所が一定時間圧迫を受けると、皮膚が赤くなってしまいます。
定期的に足を動かしたり体勢を変えるようにしましょう。またこちらからこのような体勢にしましょうと指示することもあります。
②一部の飲水は可能です
食べることはできませんがOS-1の飲水は可能です。OS-1は他の飲料と比較し早く胃から吸収されるため安全に飲水でき、吸収されたものは血管に入るため脱水予防にも有効と考えています
 
具体的にはどのように過ごしているでしょうか?
①携帯電話
電話でお話をしている方もいらっしゃれば、アプリを操作されている方もいらっしゃいます。皆様必ずと言っていいほど手元にあり、分娩時も身近に置いてあります。
②読書
趣味の本、赤ちゃんの名前や育児の本など時間があるので本を持参される方もいらっしゃいます。
③名前を考える
産まれるまでにまだ名前を決めてない方も多いです。候補がいくつかというかたもいます。この時間を利用して名前を考える方もいます。
④音楽を聴く
大好きな音楽、リラックスできる音楽を聴き、ゆったりとした時間をお過ごしの方もいます。
④その他
睡眠不足も続いていることでゆっくり休まれる方もいらっしゃいます。また一人になる時間も赤ちゃんが産まれるまでの残り少ない時間を使って、思い出作りなど素敵な時間に当てられる方もいます。
 

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分