院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

硬膜外無痛分娩はいつ開始してもいいんです

2020年08月08日

当院の無痛分娩はいつ開始してもいいんです。

病院によっては子宮口が広がってからでないと行わないという施設もあります。昔は子宮口が5センチ広がってから無痛分娩を開始しないと帝王切開や鉗子分娩が増えるといわれていたこともありましたが、最近の研究で子宮口が広がる前と後で無痛分娩の開始を遅らせても娩出方法に変わりはないということが証明されましたので、妊婦さんが無痛分娩を行いたいと希望した時に始めます。

計画分娩の場合は入院して痛くないうちに硬膜外カテーテル(管)を入れておきます。こうすることでいざ痛みが始まった時にそこから麻酔を行うのではなく、すぐにカテーテルから痛み止めを入れることが可能だからです。
逆に妊婦さんの希望で無痛分娩が開始する場合、いつ開始したらよいのだろうと迷う方もいらっしゃいます。生理痛を超えたあたりで始める方もいらっしゃいますし、少しでも痛みを感じたら始める方もいらっしゃいます。もちろんギリギリまで頑張りたいという希望があればそれでも構いません。迷われた場合、スタッフにご相談ください。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分