院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

2021年6月の記事一覧

血液凝固異常とは

2021年06月14日

前回血小板が少なくなると出血しやすくなるというお話をしました。血液を固める成分には血小板以外に凝固因子というものがあります。凝固因子が低下している場合も硬膜外腔で出血を起こす可能性があり、無痛分娩ができなくなります。不足しているかどうかは、外来で採血を行って確認しております。
凝固因子も血小板と同じように血液を固める重要な成分で、ほとんどの方は正常なのですが、凝固異常の代表的なものに血友病、ビタミンK不足、肝障害、出血などがあります。
事前に調べて、合併症のない無痛分娩にしましょう。

血小板減少

2021年06月05日

妊娠中に採血を行いますが、採血項目の中で、血小板というものがあります。血小板は止血の働きがあり、これが少ないと出血が止まりません。
硬膜外無痛分娩を行う場合、血小板の数字が8万/μl以上である必要があります(正常値下限は15万/μ)。8万/μl未満の場合、針を刺した後に、硬膜外腔で出血が止まらなくなり、血の塊(血腫)ができてしまうかもしれません。
妊娠により一時的に低下することはありますが、何らかの病気で低下していることもあるため、事前に調べて問題がないことを確認したうえで無痛分娩を行います。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分