院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

電子タバコについて その1

2021年11月24日

最近は色々な種類の電子タバコが登場するようになりました。フレーバーが出るものも多く、おしゃれな演出と、従来の紙巻きたばこと比較し健康面へ配慮したものが出回っています。では電子タバコは妊娠中や、生活を同じくしている人が吸うことは安全なのかについて、何回かに分けて考察したいと思います。
 
今は妊婦さんが喫煙することの問題、受動喫煙のリスクなどについては細かいことはわからなくてもほとんどの方は悪いものだと理解されていると思います。
喫煙により血管が収縮し、胎盤血流が悪くなるために子宮内胎児発育遅延が起きるとされています。ほかにも、流産、早産、常位胎盤早期剥離の可能性も高くなります。受動喫煙でも喫煙と同じ効果が認められるので、避けたほうが良いでしょう。
 
電子タバコでも有害性は近年言われており、有名なところでは肺疾患との関連性が指摘されています。
 
参考文献
日本産科医会HP

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分