院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

出産後の頭痛について(後編)

2021年11月01日

治療は最初は内服薬になります。鎮痛薬や、頭痛薬、漢方薬などが処方されます。軽症であれば、これらでも改善されます。
飲水を促す施設もあります。髄液の産生を促すためです。
症状が強い場合は自己血パッチ(ブラッドパッチ)を行うことがあります。硬膜外に自分の血液で蓋をするという方法です。他の治療方法に比べて改善率も高く、効果もすぐ現れます。
もし無痛分娩後や帝王切開のあとに頭痛が起こった場合は硬膜穿刺後頭痛を鑑別する必要があります。その他の原因であることもあるので、気軽にご相談ください。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分