スタッフブログ

2018年3月の記事一覧

2018年03月28日

みなさま、こんにちは

東京の桜も24日に満開になりましたねcherryblossomcherryblossom
天気も良かったので、お花見に行かれた方も多いのではないでしょうか?

私はまだお花見には行くことができず・・・
通勤途中の桜の花を愛でながら春を感じでおります

春と言えば卒業や引っ越しなど別れの季節でもありますが、
逆に入学や入社など新たな出会いの季節でもあります

4月から東京マザーズクリニックにも新たなスタッフが一人増えることになります(o^―^o)

どんな方かワクワクしながらスタッフみんなでお待ちしております♡

スタッフの一員として病棟や外来でみなさまとお会いする日も近いと思いますので、どうぞよろしくお願い致します

sakura01.jpg sakura02.jpg

投稿者:東京マザーズクリニック

戌の日と水天宮

2018年03月18日

皆さまこんにちは!
暖かい日も増え、春の訪れを感じますね。

さて、皆さま戌の日をご存知でしょうか?
昔から犬は安産の象徴とされており、妊娠五か月の時期に安産を祈願し、腹帯を巻くという風習が、江戸時代中期から行われているそうです。

IMG_20180118_120427.jpg

戌の日の参拝先として、東京では水天宮が有名ですね。
境内の中には干支とともに犬の像があり、お母さんの干支、赤ちゃんの干支に触れると良いそうです。
わたしも先日水天宮へ参拝に行ったのですが、沢山の参拝客で大変賑わっておりました!
いつの時代も安産を願う気持ちは変わりませんね^^

余談ですが境内には母河童と3匹の子河童の象も設置されています。「安産子育河童」というそうです。
その昔、水天宮に縁のある藩主、有馬公から助けを受けた河童が恩返しに藩主の村を水害から守ったと言われています。
水を守る=羊水を守るという意味合いもあるそうです。
参拝に出向かれた際は、ぜひ、可愛らしい河童の親子もチェックしてみてください★

それではまた!

投稿者:東京マザーズクリニック

母子手帳

2018年03月12日

先日実家の母から私の母子手帳をもらいました。
それは若い母が初めて赤ちゃんを授かり、つわりに苦しみ、出産して育児に奮闘している様子が伝わってくるものでした。
当然ですが、初めての妊娠出産育児に挑んでいる母子手帳の中の母は新米お母さんでした。
私にとっては物心ついた頃はすでに「お母さん」という絶対的存在でした。母子手帳は母が「お母さん」になる様子を教えてくれるようでした。
お母さんだって昔は若いお母さんだったんだ、初めから何でもできるお母さんではなかったはず。とてもかわいがってくれたけれど、色々悩んだこともあったはず。思い返せばお母さんっ子で幼い頃はいつもお母さんのそばにベッタリだったなぁ、、、などと思い出し感慨深い思いになりました。
 
気軽に手渡された母子手帳を覗いただけで胸が熱くなり、思い感じることがたくさんありました。

boshi_tecyo01.JPG
boshi_tecyo02.JPG
 
母子手帳を今まさにお持ちの妊婦さん、是非たくさん書き込んで下さい。
もちろん思い出を残すだけのものではありません。
外出先で何かあれば妊娠中であることを示してくれます。どこの病院にかかっているのか、今何週なのかなど、情報がつまっています。外出するときは必ず持ち歩きましょう。
妊娠中の過ごし方なども書いてあります。
出産したら今度は子供の記録が始まります。小さな変化や成長、イベントを書き記してみましょう。
母子手帳は一番最初に手にする子育て指南書かもしれません。
ゆっくり読んだことのない方は是非じっくり読んでみてくださいね
 
母子手帳は母と赤ちゃんを結ぶ大切なものです。今さらながら私は母の偉大さを感じさせられました。

投稿者:ウェブマスター

0歳児向けの絵本について

2018年03月05日

こんにちはnote
日中だいぶあたたかくなってきましたね。花粉症の方は辛い時期ですね。
皆様どのようにお過ごしですか??

息子の通ってる病院ではまだインフルエンザが流行っているとききましたsweat01
感染しないように、できるだけ人が多い場所は避けて、
手洗いうがいを行い、マスク着用を心がけたいですね!!

今回は、0歳時向けの絵本を紹介したいと思います。
絵本は、視覚、聴覚、触覚を刺激して今後の発達を促してあげることができます。
赤ちゃんと関わる一つの方法として絵本で一緒に遊び、同じ時間を共有できるとステキだと思います。
 
我が家の0歳時に利用していた本です。
image01.JPG
一段目左から:①にゃんにゃんわん②のりものいろいろかくれんぼ③だるまさんシリーズ3冊
二段目左から:④さわってあそぼうふあふああひる⑤おめん⑥いないいないばぁ
三段目左から:⑦いっしょにおやすみ⑧いっしょにあそぼう⑨いないいないばぁぶっく

当クリニックで0歳時向けの買ってよかった、プレゼントして良かった絵本のアンケートを行いました。
1位いないいないばぁ
image10.JPGimage11.JPG
どこの家庭も必ず一つはあるといってもいい代表作品です。
ただ、病院や子ども広場など必ずあるので買わなくてもよいという意見もありました。
「いただきます」などいろいろなバージョンがあります!!

2位だるまさんシリーズ だるまさんが、だるまさんの、だるまさんと
下の画像は「だるまさんが」
image13.JPGimage14.JPG
私も全シリーズ買ってしまいました。だるまさんの変化をみて赤ちゃんがマネをしようとします。
いろいろな表情を引き出すことができます。うちの子にも大好評で、3才くらいまでたくさん使えます。

3位音の出る本

image08.JPG
音の出る本は、長く使えるという点でランクインしました。最初は、子守唄として!
少し大きくなったら、一緒に歌って遊べることができます。

そして、ランクインはしませんでしたが、「はらぺこあおむし」は、持っている方が多かったです。
色の配色も、赤ちゃんの視覚を刺激してくれます。最近では、お話が歌になっています。
良かったら聞いてみて下さい。

私が保育園で働いていた時に子どもたちに人気があった絵本
・もこもこもこ
・おめん
・フルーツめしあがれ
・しましまぐるぐる
・きんぎょがにげた

今後の絵本を選ぶ参考にしていただけたらと思います。
赤ちゃんとステキな時間を過ごしてくださいねheart02

おめん
image09.JPG

ましまぐるぐる
image15.JPGimage16.JPG

投稿者:ウェブマスター

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分