スタッフブログ

風疹が流行っています!

2018年09月12日

 先日(9月4日)国立感染症研究所の発表memoによると、
2018年に入ってこれまでの風疹患者累積報告数が273人となり、2015~2017年の年間累積報告数を超えました。ここ1週間で89人の増加upが報告され、関東を中心に感染が拡大しています。
 報告患者の94%が成人で、男性が女性の3.7倍多く
特に30~40代の男性に多く、女性含め予防接種hospital歴の無い(21%)あるいは不明が90%を占めています。

 皆さんは覚えていますでしょうかsign02  2013年の大流行typhoonsign02
その年には14,344人の患者が報告され、この流行に関連した先天性風疹症候群が45人確認されています(国立感染症研究所 感染症疫学センター調べ)。

 風疹ウイルスは感染力が強く、感染した人の咳やくしゃみ、会話などで容易に飛沫感染し、大人が罹患すると重症化することもあります。
 また妊娠初期に風疹ウイルスに感染すると、胎児にも感染し、生まれてきた赤ちゃんが先天性風疹症候群*という病気になる可能性があります。

 風疹はワクチン接種で予防可能です 特に男性で、風疹の抗体の無い方は、ワクチン接種を是非sign03 
 そうすることで風疹の流行を防ぐことが出来ます。

 『妊娠と風疹』については、『キラキラ妊活コラム』(2014年11月)をご覧ください。
注射.png
 厚生労働省では平成32年度までに風疹の排除』
目指しており、多くの自治体では、風疹の抗体検査および風疹予防接種を無料、あるいは一部助成しています。対象者、年齢、範囲、その他要件は自治体により異なりますので、各区市町村の公式ホームページでご確認ください。



*先天性風疹症候群になると、難聴。心臓の病気、白内障・緑内障・網膜症、低出生体重、精神・運動発達の遅れなどが現れることがあります。妊娠20週までが特に注意が必要です。




投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分