スタッフブログ

母の日

2019年05月17日

こんにちは。初夏を感じる日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
5月12日は母の日でしたね。
我が家には小学生の娘が二人おり、その娘たちに「そういえば、どうして母の日にはカーネーションなの?」と改めて聞かれました。

私はカーネーションが当たり前と思っていたものの理由を知らないな…と気づき調べてみました。

『その起源には諸説あるが、よく知られているのは、1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死をきっかけに、「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのが始まりとされている。

また、アンナの母親が好きだった白いカーネーションを追悼式の祭壇に飾ったことから、母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなっていれば白いカーネーションを飾るようになり、現在のように「母の日にはカーネーションを贈る」習慣が生まれたと言われている。』

早速このカーネーションを贈る由来を娘たちに伝えても、自分たちが尋ねたくせに興味あるのかどうか怪しい反応でしたが…。

それでも、
次女がブランチにフレンチトーストを作って、
長女が夕飯に「ママが何もしなくて良いように手巻き寿司にしよう!」と頑張ってお刺身を切って、 娘たちの健気な気持ちと成長を感じることができ、私には何よりの母の日になりました。

母の日はカーネーションを贈る日だけでなく、母への感謝と労いを表す日。
全てのお母さんが「ありがとう」を感じられる日でありますように。

「来年は何を作ってほしい?」と言ってくれる彼女たちのためにも、私も母として日々また精進しようと思います。

そして娘たちよ、来月の「父の日」もどうか覚えていてね。

投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分