スタッフブログ

今できる、お産と育児に向けての身体づくり

2020年04月28日

コロナウイルスとの闘いは長期戦ですね✨お産まで不安になってしまいますよねthink
こんな時こそ、お産と育児をするために、そなえていきましょう。
スムーズなお産のために!
やはり運動は、おすすめです。
☆運動により体を動かし筋肉を保持することで、血行を良くし、腸の蠕動を促す、腰をサポートするなどの効果が期待できます。
☆出産・育児への体力づくり。
経膣分娩、帝王切開どちらの産後でも、体力が必要です。
経膣分娩では、無痛も体力は必要です。分娩の最後に、効率よくいきむためには、下半身であるお腹周り・お尻周りの筋肉や背筋も必要です。
また、産後は出産でダメージを受けた体を回復させながら赤ちゃんのお世話をすることになります。
帝王切開では、術後の身体の回復が順調であることが、スムーズな育児につながります。
どちらのお産でも、基礎的な体力をある程度つけておくことでその大変な時期を乗り越えやすくできます。

注意danger
自宅安静の指示のある妊婦さんは、まず、安静です。
身体に負担のかからない、短時間の家事、ソファーやベッドでゆったり過ごす。
立ちっぱなし、座りっぱなしは、お腹が張りやすくなります。
「次の健診まで安静に!」では、ゴロゴロするくらいが正しい自宅安静です。

「運動」は短時間でも、人との接触を避けての散歩、自宅でできるYouTubeなどの、エクササイズnoteを、やってみましょう。

☆ウォーキング、散歩
家の近所を散歩するなど、15分間歩くことから始めてみましょう。
ただダラダラ歩くのではなく、背筋を伸ばして腕を前後にしっかり振って歩くことで効果が上がります。
☆YouTubeを活用した、エクササイズ!
妊婦さんが、行っているものが、たくさんありますよ。 運動の際は、だんだん気温が上がってきているので、水分補給も忘れずにsign01

出産に向けて身体づくりをして、赤ちゃんに会えるのを楽しみに待ちたいものですねnote


投稿者:ウェブマスター

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分