スタッフブログ

熱中症について

2020年05月18日

皆様こんにちは!
ここ数日暑い日が続いており早くも夏の訪れを感じています。
緊急事態宣言が発令されてそろそろ1ヶ月。
ステイホームということで、引き継ぎおうちで過ごされている方が多いのではないでしょうか。今日は夏になると必ず耳にする熱中症についてのお話ですsun

熱中症は体内の水分や塩分のバランスが乱れ体温の調節機能が働かなくなり体温上昇、めまい、だるさ、ひどい時はけいれんや意識障害など様々な障害を起こす症状です。

発症には気温と湿度が関係しており、特に湿度が高いと汗が蒸発しにくく、熱を放出する機能が減少するため熱中症になりやすいと言われています。 急に暑くなる5月や梅雨の時期に起こりやすく、まさにこれからの時期注意が必要ですrain
熱中症の一番起こりやすい場所といえば屋外!
…と思いきや、昨年度熱中症で搬送された約4割の方が室内で発症されています。

自宅で熱中症にならないためには
◯部屋の温度をこまめにチェック
◯室温28度を目安にエアコンや扇風機を上手く使う
◯ゆったりした衣服を身につける
◯喉が乾かなくてもこまめに水分補給
◯睡眠や休憩をしっかり取る などがポイントになります。

特に体温調節が未熟な乳幼児や暑さや喉の渇きを感じにくい高齢者は熱中症になりやすく注意が必要です。
水分摂取ですがお茶やコーヒーは利尿作用があるためお水がおすすめです。

コロナが1日でも早く収束することを願いつつ、皆さま体調に気を付けておうち時間をお過ごしください️。

投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分