スタッフブログ

おさんぽと紫外線対策

2020年06月13日

みなさまこんにちはsun
梅雨入りして、蒸し暑い日が続いておりますね。
 

さて、今日のテーマは【おさんぽと紫外線対策】についてです。

おさんぽは、気軽に出来る運動の1つですtulip

妊娠中の適度な運動は、気分をリフレッシュしてくれたり、妊娠中の体重コントロールにも有効です。

また、産後のママや赤ちゃんにも嬉しい効果があります。
お外に出て太陽の光を感じると、生活リズムが整えられたり、赤ちゃんの免疫力を高めてくれる効果があります。

このように、おさんぽにはいい事がたくさんありますnote
外出しにくい状況も続いておりますが、ソーシャルディスタンスを保ちながら、おうちの周りや空いている公園まで、ゆったりと歩いてみたいですねshine
 

一方で、これから夏場は、紫外線が気になる季節でもありますthink

紫外線を長時間浴びることは、シミやシワができる原因のひとつと言われています(女性にとって紫外線は大敵ですね!)
さらに妊娠中はホルモンの影響で、日焼けの原因となるメラニンが作られやすい体になっています。

ですから、お外に出る時は帽子や日傘、日焼け止めクリームなどを活用しましょうね。

紫外線対策は、ママだけではなく赤ちゃんも必要と言われています。
赤ちゃんの皮膚は大人よりも薄くデリケート。ダメージも受けやすいです。そのため、長時間の直射日光は避けてあげましょう。
日焼け止めクリームは、赤ちゃんにも使える低刺激タイプ(紫外線散乱剤タイプ)のものもあります。

午前中や夕方など、紫外線が弱い時間にお外に出るなどの工夫も良いかもしれませんhappy01

みなさんも是非、UVケアしながら楽しくおさんぽ、してみて下さいねheart04

日傘をさす女性のイラスト

投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分