スタッフブログ

食中毒の季節です

2020年07月19日


梅雨がなかなか明けず、蒸し暑い日々が続いていますね
この時期、食中毒は飲食店などで食べる食事だけでなく、ご家庭での食事でも発生することもあります


食中毒の原因は...??
主な原因は「細菌」と「ウイルス」です。
細菌は温度や湿度などの条件が揃うと食べものの中で増殖して、その食べ物をたべることによって食中毒を引き起こします。
特に細菌が原因となる食中毒は、6月~8月の今の時期に多く発生しています。
ウイルスは、食べ物を通じて体内に入ると、人の腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。




食中毒予防の3つのポイント


「増やさない」→低温で保存する!

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になります。
食べものについた菌を増やさないためには低温で保存して、早めに食べることが大切です



「やっつける」→加熱処理!

多くの細菌やウイルスは加熱によって死滅します
特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です




「つけない」→洗う!分ける!

こんな時には必ず手を洗いましょう。
・おむつ交換をしたあと
・調理を始める前
・生の肉や魚、卵をあつかう前後




食中毒対策だけでなく、コロナウイルス対策にもなるので正しい手の洗い方も大切です!



まだまだ蒸し暑い季節が続きますが、食中毒にもお気をつけてお過ごしください!



投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分