スタッフブログ

熱中症に気をつけましょう

2021年08月06日

皆様こんにちは。

今年も梅雨が明けて高温多湿となる日本の夏がやってきましたね。日本の多くの地域では8月を中心に亜熱帯高気圧の一つである太平洋高気圧に広く覆われてしまうため、高温多湿な晴天が持続することが特徴的です。

出産は(赤ちゃんは大人よりも体が冷えやすいので)冷房を切った上で行いますが、それとは比べものにならない猛暑で朝出勤するだけで1日分の汗が吹き出します。 

コロナ蔓延のため感染対策強化の日々をお過ごしかと思います。コロナだけでなく"熱中症"にも、皆様より一層お気をつけ下さいね。

炎天下の外出は避け、冷房をつけながら毎日お過ごしかと思いますが、屋内・エアコンのある状況でも、は知らず知らずのうちにかいていて、熱中症は起こり得ます。特に、高齢者の方は室内で熱中症になり、救急搬送されるケースが多いです。

そのため以下のことに注意しながら、熱中症予防に努めましょう。

 

こまめに水分を補給しましょう。

水・お茶よりも、イオンバランスの整ったものがよいとされています。

オススメは経口補水液(OS-1など),もしくは水+塩あめ。スポーツドリンクは糖分が多いので摂り過ぎには注意が必要です。

  

炎天下での外出は避けましょう。

外出する際は直射日光を避けましょう。涼しい服装を心掛けて外に出る際は日傘や帽子を着用すると良いでしょう。

 

暑い時は体を冷やしましょう。

体を直接冷やす際は手足よりも、太い血管が表面にある首や脇の下、足の付け根を冷やすと効果的です。

 

めまいや筋肉痛などの症状が出たら、冷所に避難して、安静・冷却、水分と塩分の補給をしましょう。頭痛や吐き気、嘔吐や下痢などを伴う場合は、早めの医療機関受診しましょう。

 

東京都は四度目の緊急事態宣言の発令となりました。コロナ感染が落ち着かず、長期の自粛の日々が続いております。見通しがつかない日々が続きますが、疲労やストレス溜め込まないためにも、リモートお茶会や宅配デリバリーなどを駆使してwithコロナ生活を頑張って送っていきましょう。

 

投稿者:ウェブマスター

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分