スタッフブログ

2021年11月の記事一覧

生姜レシピ♪

2021年11月03日

すっかりと秋の深まりを感じる季節となりましたmaple

朝晩がめっきり冷え込み、寒さが苦手な私にとっては辛いく季節の到来です。

そんな時、身体をポカポカと温める効果のある生姜のパワーを毎日摂るようにしています。

生姜の作用としては、生姜に含まれるジンゲロール、ショウガオールが抹消血管を広げて血流を促進したり、脂肪や糖質の燃焼を促す効果があり、
それにより体温も上がり、免疫も上がってきます。

毎日息子のお弁当を作っているので、"作り置き”をしているのですが、それに生姜レシピも加えてみましたthink

【生姜の塩つくだ煮】bud
・生姜 100g
・かつおぶし 1パック
・白ごま 大さじ1
A 酒  1/4カップ
  砂糖  大さじ1
  塩   小さじ1弱
  みりん  大さじ1と1/2

shine作り方shine
①生姜は繊維を断つように薄切りにしてから千切りにする。
②①をたっぷりの湯で2分ほどゆで、水にさらす。食べてみて辛いようであればもう一度ゆでる。
③水気をギュッと絞ってAとともに鍋に入れ、中火にかける。火と少し弱めて煮汁を含ませるように炒り煮にする。
④煮汁がほとんどなくなったら、かつお節と白ごまを加えて混ぜ合わせる。粗熱を取り、清潔な保存容器に入れて冷蔵庫で保存する。

※栄養的には+まいたけのみじん切りを入れると更に良い。

生姜の塩つくだ煮をチャーハンに入れたり、酢の物をいれると美味しいですよheart04



両親クラスがすぐに予約が埋まってしまい、なかなか予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。
両親クラスは何を食べたらいいの?が妊婦さんだけではなく、ご主人の食事も見直すいいきっかけ作りになればと思いお話ししています。
なんと両親クラスに参加してくださったご主人が食事を見直して、9kg減量された方もいらっしゃいました。

前期マザークラスでは、妊娠の週数の経過とともに、妊婦さんにも赤ちゃんにもこんな栄養が大事だよというお話しの中に、手軽に作れるレシピも盛り込んでいます。

毎日何食べようと悩んでいる方、体調が優れないという方、もちろん栄養に興味のある方、ぜひ参加してくださいねnote



投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分