妊娠・出産・子育ての役立つ情報

2017年1月の記事一覧

ダイエット【前編】

2017年01月21日

年末年始のイベント続きで、気が付けば体重がドーンと増えてしまい、そろそろダイエットを始めなければと思った方もいらっしゃるのではないかと思います。

多くの人がダイエット=運動や食事制限によって痩せることと解釈していますが、本来は運動や食事量を管理して適正な体重にしていくことがダイエットの意味となります。
ただ若い女性の痩せ願望やダイエット志向が強く、やせが増加しています。その背景には各種メディアの影響などもあるのでしょうか。
実は多くの女性はやせる必要がないのに偏った食生活を送ったり、極端なダイエットを繰り返すことによって、健康問題のリスクを高め、さらに若い女性や妊婦の低栄養問題は「次世代の子ども」の生活習慣のリスクを高めると言われています。
 
まず本当に痩せる必要があるのか、まず見てみましょう!
BMIを計算してみましょう。
BMIとは体格指数として肥満の判定に用いられます。
[計算式] 体重(kg)÷身長(m)の2乗
BMIが22の時の体重が病気にもっともかかりにくいと言われています。
wait.jpg
ただ女性ですとBMI22だと気になる方もいると思うので、そんな方は間違ったダイエット
ではなく、はつらつといた元気できれいな女性をめざしてダイエットをして欲しいと思います。
 
ではどうしたらいいか、次回お話いたしますのでご期待下さい。
文責 院長

国際ラクテーションコンサルタント(IBCLC)

2017年01月18日

1月に入り、とても寒い日snowが続いておりますが、体調など崩されていませんでしょうか?

今日は、国際ラクテーションコンサルタント(IBCLC)についてお話いたします。
IBCLC、IBCLC、IBCLC・・・

みなさまご存知でしょうか??
たぶん知らない方がほとんどだ
と思います。私も、助産師5年目の時に初めて知りました。

以下、IBCLCの説明を、日本ラクテーションコンサルタント協会の公式HPより抜粋いたしました。

 IBCLCは、母乳育児を成功させるために必要な、一定水準以上の技術・知識・心構えを持つヘルスケア提供者です。
IBCLCは予防的なヘルスケアに焦点を当て、産前・産後を通して自分でできる対処法(セルフ・ケア)を促し、母親が自分で意志決定をするよう励まします。また、病院、診療所、地域、開業などのさまざまな立場で問題解決法を用いてアプローチし、適切な情報提供や提案、適切な場への紹介を行ないます。
 IBCLCの資格は、アメリカに本部を置くラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(International Board of Lactation Consultant Examiners:IBLCE)が1985年から毎年実施している全世界共通認定試験に合格することによって得られます。2015年末で世界102カ国に28,105人、国内では994人のIBCLCが、さまざまな母乳育児支援の場で活躍しています。この資格は、看護師、助産師、保健師、医師、ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士、教育者等の専門職をはじめ、母乳育児支援経験と確実な知識体系を持つ非専門家にも広く門戸が開かれています。IBCLCは、IBCLCの「職務行動規範」と「業務範囲」「臨床能力」に基づき、適切なアプローチや情報提供などの業務を行います。

このように、IBCLCとは、母乳育児支援の専門家です。
私は、2011年にこの資格試験に合格し、昨年5年目の再認定を無事に終え、今年からまた5年間IBCLCと名乗ることができます。
国際資格なので、助産師としては海外で働くことはできませんが、IBCLCとしては働くことができるんですよ。(海外で働く予定はありませんが・・・笑)

そして、昨年クリニックに、もう一人のIBCLCが誕生shineいたしました。
昨年の試験は難しかった・・・と噂でしたので、合格した彼女は本当に凄いと思いますsign03
さらに、今年試験を受けようと頑張っているスタッフがもう一人いますので、来年にはこのクリニックにIBCLCが3人になっていることでしょsmile

資格を持ち名乗ることで、責任が生まれます。
これからも、さらに知識、技術を身に付け、みなさまに母乳育児について正しいことをお伝えしていていけるよう、今年もがんばっていきます。
文責 院長

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分