妊娠・出産・子育ての役立つ情報

油のはなし  PartⅡ

2019年10月28日

先月の続きで、避けて欲しい油とはどんな油でしょう。

代表的なものにマーガリン、ショートニングなどに含まれているトランス脂肪酸が挙げられます。すでにアメリカでは規制がかかっているくらい、身体に影響がある油なのです。

もう一つ気をつけて欲しい油にリノール酸を多く含まれているオメガ6があります。

一昔前では血液がサラサラになるので、不飽和脂肪酸を多く摂りましょうという神話があり、オメガ6の油が

身体にいいと思い使っている方も多いと思います。

オメガ6の油は摂り過ぎると炎症の原因となるので、摂り過ぎは注意が必要です。

現代においては、手軽に食べる事が出来るコンビニやファーストフードに沢山のオメガ6の油が使われていて、過剰摂取が心配です。




ただしオメガ6の油も身体にとっては必要な油なので、先月にも記事にした摂って欲しいオメガ3とオメガ6の バランスは大切です。  1:4を目指してください。

今は血液1滴で脂肪酸バランスがわかる検査もあります。 ご自身のために、油を使い分けしてみませんか?

身体が変わるかもしれません。

文責 院長

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分