Dr.聡のコラム

英国キャサリン妃の第3子ご出産

2018年04月26日

日本時間4月23日にイギリスのキャサリン妃が第3子をご出産されました。 ニュースで病院から退院されるキャサリン妃のお元気な姿が報道されましたが、分娩後7時間で退院されたことが日本では大変話題になっています。
日本のお産事情と異なり、イギリスをはじめ欧米では産後の入院期間は大変短く、翌日退院もしくは状況により当日退院となるのが一般的です。その一番大きな要因は医療費が高いことが挙げられます。分娩に伴う医療費は日本と比較し約3-4倍(病院によってはそれ以上になることも)なので、医療費を抑えるために入院期間を短くせざるを得ない事情があります。そのような医療事情の中で、充実した産後ケアサービスがあることが入院期間を短くすることを可能にしています。
また、欧米では無痛分娩が普及しており、無痛分娩により分娩時の母体の負担軽減に繋がり、産後の回復が早くなることも早期退院を可能とする一つの要因となっていると思われます。 欧米での医療事情から考えると、キャサリン妃は今回3人目のご出産であったことや、退院後も宮殿内での産後ケアが充実していると思われ、今回の早期退院は驚きとまではいかないですが、退院されたご様子からキャサリン妃のお産はとても順調で安産だったのであろうと感じました。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分