母乳育児を支える

授乳姿勢 縦抱き編

2018年05月18日

みなさんこんにちは。

5月に入り,とっても暑い日が続いておりますが,いかがお過ごしでしょうか?
紫外線予防や,脱水予防が大事な時期ですね。

さて,今回のテーマは授乳姿勢の「縦抱き編」です。

みなさんは縦抱きをご存知でしょうか??

縦抱きとは,その名の通り「赤ちゃんを縦に抱っこして授乳をする方法」です。

こんな感じ↓ 



図3.png
生まれたばかりの赤ちゃんをこんな風に抱っこできるの?
と不安になった方もいらっしゃるでしょう。
新生児は首が座っていないので,しっかり首を支えないとグラグラしてしまいます。

しかし,この抱き方,慣れるととっても楽なんです!

縦抱きの利点は・・・
①授乳クッションが必要ない(母と子のみですぐに授乳できる)
②眠りがちな赤ちゃんが起きやすい
③赤ちゃんのお口が大きく開きやすいので,おっぱいを奥まで咥えやすい 
  (写真の赤ちゃんも素敵なアヒル口!!)
④どんどん大きくなっていく赤ちゃんを体で支えられるので手が辛くなりにくい
 (写真では、お母さんのお腹でも赤ちゃんを支えています)

縦抱きをすると、お母さんが前かがみになりやすいですが、
そうすると、肩が凝りやすくなり、リラックスすることができません。
後ろに寄っかかれるようにすると肩の力も抜けやすく、
楽に授乳をすることができますよ!

是非、みなさんもお試しください。

私は縦抱きで一生懸命におっぱいを飲んでいる赤ちゃんの横顔にキュンheart02とします(笑)

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分