妊活コラム

妊娠するならこれは知っておいてほしい、ここを気を付けてほしい、こういうことを考えてほしい……といった情報を中心に皆さまへお届けします。
当院ではこれから妊娠を迎える方のためのプレママ健診も行っております。
プレママ健診: https://mothers-clinic.jp/exam/premama.html

ビタミンDについて

2018年12月26日

妊娠中の方、これから妊娠を考えている方、子育てをしている方に是非摂って頂きたい栄養素の
ひとつに今注目のビタミンDがあります。

ビタミンDといえば、血中カルシウム濃度を高めて、骨の発育を促す作用がありますが、それに
加えて近年わかってきたことでは免疫力を高める、インフルエンザを予防する、認知症、癌など
の病気のリスクを減らす、妊娠しやすい身体つくりなどにも効果があると言われています。

ビタミンDを得る方法には2種類あり、ひとつは魚やきのこなどの食品から経口摂取する方法と
日光に当たることで皮膚からも合成する方法があります。
ビタミンDは唯一自分で生成できるビタミンです。

しかしビタミンD不足が問題になってきているのは、魚の摂取量が減ってきているのと、美肌の
ために紫外線対策をする人が増えてきたためです。

小児でビタミンDが不足すると骨の成長障害が起こり、姿勢が悪くなったり、足の骨が曲がる、くる病
になることがまれにあります。

ビタミンD不足にならないためにも、紫外線対策も大切ですが、東京にお住まいの方でしたら、冬
30分くらいは直接日光を浴びるといいですね。

冬は日照時間も少ないのでより魚の摂取回数を増やすことをお薦めします。
そしてきのこでしたら、天日に30分干しておくだけでも、ビタミンDが増えるので、時間がある
時には日光に当ててから調理しましょう♪


                    日焼けのイラスト「太陽と女性」

妊活セミナー

2018年11月30日

六本木にある「natural kitchen yoomi」主催の
妊活セミナーが行われ当院の院長林医師・麻酔科:柏木医師・管理栄養師:鈴木が妊娠にまつわる依頼を受けて講演をしてきました。

「natural kitchen yoomi」は、ベビー用品メーカーyoomi とNPO法人「子育て&母乳育児を支援する会」が手がけるカフェ&ダイニング、ママの気持ちに寄り添った子連れでも美味しい料理が食べられるお店です。
ママとお子様向けのイベントも数々開催しています。

DSC_3375.JPGDSC_3372.JPG
出産の歴史や最近の分娩の傾向、食事のアドバイスと子宮温活推進アドバイザー:中園さんなど2時間30分の内容でした。

DSC_3378.JPGDSC_3376.JPG

最近は偏食や体温が低いため、抵抗力や免疫力の低下や体力不足か身体の回復力も弱くなりやすいです。
日々の食事バランスを考えて、リンパの流れを良くして心も体も温かくなるといいですね。

妊娠に備えて、一度食生活や日常生活を見直す時間を作ってみてください。










妊娠中の食事で気をつけたいこと

2018年10月29日

妊娠中は、ママのためにもお腹の赤ちゃんに栄養を届ける為にも、バランスの
良い食事は大切です。 ただ、その大切な食事の中でも妊娠中は摂取量や回
数を気をつけて欲しいことがあります。

一つめはトキソプラズマです。
トキソプラズマは寄生虫の一種で生肉や寄生虫卵に汚染された猫の糞やその
糞で汚染されたガーデニングの土などが感染源になります。

食品としては、熱の通し方が不十分なレアやミディアムなどの肉や生ハムなど
は避け、肉はしっかり火を通すようにして下さい。

食べ物以外で気をつける事は猫に接触した時やガーデニングの後はよく手洗い
して下さいね。

二つめはリステリア菌です。
加熱殺菌していない生乳を原料とするナチュラルチーズはリステリア菌に感染
する心配があるので、妊娠は避けた方がよいでしょう。

リステリア菌とは細菌の一種で感染すると、38~39℃の発熱や頭痛、悪寒な
どの症状が続きます。
特に26週以降は重症化しやすいので注意が必要です。

ナチュラルチーズの他には、肉や魚のパテ、スモークサーモン、生ハムなどが
感染源となります。
また生野菜や果物は食べる直前によく洗うことも大事なポイントです。
そして冷蔵庫を過信せず、早めに食べましょうnote

すでに食べてしまったからといって必ず影響が出るという訳ではありませんので、
心配な方はスタッフにご相談くださいwink

その他よくある質問で、生魚は食べてもいいですか?と聞かれますが、新鮮な物
を選んでいただければ大丈夫ですconfident

むしろ生魚の方がDHA,EPAの含有量が多いので,おすすめですshine


 

マタニティーマークについて

2018年09月26日

みなさまこんにちは。
今回はマタニティーマークについてお話しいたします。

マタニティーマークが普及し始めて10年以上経ちました。
最近ではつけている事で嫌がらせに遭うのが嫌だからなどの理由でつけない方もおおいと耳にします。
マタニティーマークの目的に、妊産婦に安全性と快適さを与えることができるような環境作り事故や事件に遭ってしまうなどの緊急時において妊婦であることを周囲に示すことで的確な対応を素早く行うという2点があります。

特に妊娠初期は外見からは妊娠していることが分からないですが、体調を崩しやすかったり不安定な時期であります。そんな時にマタニティーマークを付けていれば優先席に座りやすくなりますし、周囲の方も配慮しやすいと思います。
また、体調不良や事故にあったときに自分で妊娠している事を伝えられない状態だったとした場合、妊娠中に使用できないお薬や検査が行われてしまう可能性があります。
そんなことになってしまったらその後不安で仕方なくなってしまいますよね。
お腹の赤ちゃんを守るためにもマタニティーマークを付けることは大切ですね。
しかし、マタニティーマークを付けているからといって公共交通機関で確実に座れるという事はありません。
妊娠中はなるべく混雑した時間帯や車両を避けるなどご自身でも赤ちゃんと自分の身体を考える必要があります。
 
マタニティーマークは母子健康手帳交付時に自治体からもらえますし、鉄道各駅の窓口などで配布しています。
念のため母子手帳を持参されて窓口でもらうと良いかと思います。
  maternitymark_06.jpgmaternitymark_09.jpg

猫との暮らし

2018年08月24日

ペットを飼ってる方の妊娠前準備、今回は猫との暮らしについてです。
 
猫は犬に比べると毎日の散歩やしつけの負担がそれほどありませんが、トキソプラズマ感染症に注意が必要です。
トキソプラズマは妊婦が感染すると流産や死産の原因になります。
オーシストという卵の状態で猫の糞から体外に出たものが人の手に触れて口から感染します。
成人の30%〜40%は感染したことがあります。風邪やインフルエンザの様な症状でいつの間にか罹って免疫ができています。健康な人は初感染でもそれほど重症にはなりませんが、妊婦で初感染の場合は赤ちゃんに影響があるので、妊娠前に抗体があるか調べておくと安心です。
感染源は猫だけでなく、虫、生肉、庭の土などからの感染の方が多く、猫からの場合、原虫を媒介した生き物を猫が食べて感染します。猫の糞は長時間放置せず直ぐに、また出来れば手袋を付けて片付けましょう。他にも猫を外に出さないようにしたり、生肉を食べさせないことで予防ができます。感染した猫には症状がないので、猫の検査もしておくといいかもしれません。
 
妊活前から、猫を清潔に保つことを生活習慣にしておきましょう。寝床やトイレを清潔に保ち、毛や爪の手入れなどのグルーミングを行います。また日頃から猫の健康状態をよく観察して、ワクチンや検便などを定期的に行うと安心です。

一緒に暮らすペットはとても可愛い存在ですが、猫とキスをしたり、人間の箸で食べ物を与えたりすることは避けて下さいね。

cathome.jpg
 
最後に、猫は神経質な子も多いです。
新参者の赤ちゃんに臆病になったり攻撃的になったりする場合もあるので、少しずつ匂いや声に慣れさせるための時間と、猫が安心して過ごせる空間を用意してあげます。部屋を分けられるよう妊娠前から考えておきましょう。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分