妊活コラム

妊娠するならこれは知っておいてほしい、ここを気を付けてほしい、こういうことを考えてほしい……といった情報を中心に皆さまへお届けします。
当院ではこれから妊娠を迎える方のためのプレママ健診も行っております。
プレママ健診: https://mothers-clinic.jp/exam/premama.html

2018年9月の記事一覧

マタニティーマークについて

2018年09月26日

みなさまこんにちは。
今回はマタニティーマークについてお話しいたします。

マタニティーマークが普及し始めて10年以上経ちました。
最近ではつけている事で嫌がらせに遭うのが嫌だからなどの理由でつけない方もおおいと耳にします。
マタニティーマークの目的に、妊産婦に安全性と快適さを与えることができるような環境作り事故や事件に遭ってしまうなどの緊急時において妊婦であることを周囲に示すことで的確な対応を素早く行うという2点があります。

特に妊娠初期は外見からは妊娠していることが分からないですが、体調を崩しやすかったり不安定な時期であります。そんな時にマタニティーマークを付けていれば優先席に座りやすくなりますし、周囲の方も配慮しやすいと思います。
また、体調不良や事故にあったときに自分で妊娠している事を伝えられない状態だったとした場合、妊娠中に使用できないお薬や検査が行われてしまう可能性があります。
そんなことになってしまったらその後不安で仕方なくなってしまいますよね。
お腹の赤ちゃんを守るためにもマタニティーマークを付けることは大切ですね。
しかし、マタニティーマークを付けているからといって公共交通機関で確実に座れるという事はありません。
妊娠中はなるべく混雑した時間帯や車両を避けるなどご自身でも赤ちゃんと自分の身体を考える必要があります。
 
マタニティーマークは母子健康手帳交付時に自治体からもらえますし、鉄道各駅の窓口などで配布しています。
念のため母子手帳を持参されて窓口でもらうと良いかと思います。
  maternitymark_06.jpgmaternitymark_09.jpg

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分