久松理事長のコラム

妊娠中のチーズに注意

2022年11月25日

 皆さんは、チーズがお好きでしょうか?妊娠中に食べてはいけないチーズがあることをご存じでしょうか?
 チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類があり、生産の工程の違いから食べたチーズによって妊娠中の母児に影響することがあるのです。
ナチュラルチーズは、①加熱しない生乳を原料に作る(無殺菌もあり)
          ②加熱殺菌した乳を原料に作る
プロセスチーズは、ナチュラルチーズに乳化剤などを加えて加熱して溶かし再び成形したもの

ここで問題になるのは、加熱・殺菌があるかによって母児へ影響します。
原因菌:リステリア、潜伏期:6時間~10日、中枢神経系は平均3~70日
    自然の土や水の中にみられ、熱・塩・酸・冷凍・乾燥に強い
    冷蔵庫内でも繁殖し18℃では繁殖しない
    食物の味や匂いは変えない
症 状:発熱・筋肉痛・胃腸症状 さらに神経系統に広がり頭痛・痙攣・ふらつき から髄膜炎になる
母体への影響:インフルエンザ様症状  悪寒・発熱・背中の痛み⇒受診を
    流産・早産・死産を特に妊娠26~30週で起こしやすい
胎児への影響:胎盤を通過するため流産・早産・死産を起こす
    早発性:出生数時間~数日   遅発性:出生数週間後
    敗血症(新生児敗血症):生後1週間以降に死亡
    髄膜炎(新生児髄膜炎):体温の異常・無呼吸・皮膚、目の黄染・けいれん・嘔吐・不機嫌⇒ 10~50%は死亡、治療しても20~50%は難聴・知的障害・水頭症に
治 療:抗生物質  アンピシリン・アミノグルコシド系

以上が、チーズの服用での影響ですが、チーズには丈夫な体を作るたんぱく質・歯や骨を健康に保つカルシウム・神経管閉鎖を予防する葉酸・貧血を防ぐ亜鉛など妊娠中に摂取したい栄養をたくさん含んでいます。

注意すべきチーズについて
  ナチュラルチーズ:白カビタイプ(カマンベール・ブリー)
  青カビタイプ(ゴルゴンゾーラ・スティルトン・ロックフォール)
  ウオッシュタイプ(モンドール・エボワス)
  フレッシュタイプ(モッツアレラ・クリームチーズ)
殺菌されていない輸入されたチーズには十分注意が必要です。
殺菌されているかを確認し、クリスマスに食べるケーキにも注意してください。
プロセスチーズ:スライスチーズ・6Pチーズ・ベビーチーズは大丈夫。

予防方法  リステリア菌感染予防
 ① 生野菜・果物は食べる前に良く洗う
 ② 賞味期限内に食べる
 ③ 無殺菌の牛乳は避ける
 ④ チーズは殺菌・加熱されたものを選ぶ
 ⑤ 加熱してないものを処置したまな板などはよく洗うこと 

以上、これからクリスマスですが、生ハム・スモークサーモンなども気を付けてください。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分