スタッフブログ

花咲み [ はなえみ ]

2017年10月06日

秋風が心地よい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 flower04.jpg
こちらは当院のエントランスで皆様をお出迎えしているお花です。
大きな花器2つに飾られたアレンジメントも秋色の装いですね。
 
当院のお花は週に2回、フラワーショップ『JARDINS des FLEURS』さんに
メンテナンスしていただいています。
白と緑を基調とした当院に映えるお花を飾ってくださいます。
 
いつもお花が色鮮やかにいきいきとしているからでしょうか、
『造花ですか?』とご質問を受けることもありますが、全て生花です。
 
エントランス以外にも、
flower03.jpg
受付カウンター上のお花
flower02.jpg
ご出産後の患者様へ、当院からお祝いのお花
flower01.jpg
お化粧室にも小さなお花

スタッフもどんなお花が飾られるか、いつも楽しみにしております。
 
さて、題名の「花咲み」という言葉ですが、花が咲き誇る様子を表す意味ともう一つ、
「花が咲いたかのような笑顔」という意味があるそうです。
当院のお花がご来院の際に皆様の「花咲み」の一助となれば幸いです。
 
それでは、朝晩の涼しさにお風邪など召されませんよう、どうぞご自愛ください。

投稿者:ウェブマスター

ビタミンDを摂りましょう

2017年09月27日

みなさんこんにちはhappy01

今、妊婦さんに摂ってもらいたい栄養素で、ビタミンDがあるのはご存知でしょうか?
ビタミンDが不足していると、生まれてくる赤ちゃんの発育期、特に骨の発育期にカルシウムが骨に沈着せず、しっかりとした骨の組織が形成されない「くる病」になってしまいます。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きをします。
ですから、積極的に摂ってほしいのです。

そこで今回はビタミンDを多く含む魚やきのこを使った『鮭と舞茸のたきこみご飯』を紹介しようと思います。
彩りも考えて、枝豆も入れてみました。
vitaminD.jpg
食材を炊飯器に入れて、ボタンを押すだけなので、とってもかんたんです!
ビタミンDは紫外線を浴びると自分でつくることができる栄養素なのですが、昨今、赤ちゃんにも日焼け止めをぬって外出する人が多くなってきています。
紫外線の浴びすぎは、皮膚がん等を引き起こしてしまうのでよくないですが、適度な日光浴は必要です。

妊婦さんの目安として、夏場は15分、冬場は30分、日焼け止めをつけずに日光浴をしてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ウェブマスター

北海道社員旅行

2017年09月06日

雨が続き、急に肌寒くなってきましたが、皆様体調崩されていませんか。

先日、同じ医療法人準和会であるひさまつ産婦人科医院のスタッフの方々と合同で北海道に社員旅行に行って参りました。
朝早くから羽田空港に集合し、お昼前に北海道に到着しました。

今回の旅はバスでの移動です。札幌市中央卸売市場にて海鮮丼を頂きました。とても新鮮で、特にウニが甘くて美味しかったです。
IMG_1003.JPG

IMG_1009.JPG

小樽に移動し、自由散策。
IMG_1012.JPG
お土産屋さんでは、チーズケーキを食べたりチョコを食べたり、ガラスの創作を見たり、オルゴール館では好きな音を選んで木箱にはめてお土産にしたり、各々素敵なお土産を選んでホテルに持ち帰りました。
IMG_1017.JPG

ホテルに行く途中に藻岩山に寄り、ロープウェーで山頂に。札幌の大パノラマを見ることができました。
IMG_1026.JPG

IMG_1029.JPG

夕食では、郷土料理を頂きました。
特に、毛ガニやキンキの煮付けが絶妙に美味しくすぐにお皿が空になってしまいました。

2日目ホテルをチェックアウトした後、サッポロビール庭園でジンギスカンを食べました。臭みが全くなくて、ラムロースも柔らかく塩と胡椒だけで美味しく頂きました。
IMG_1057.JPG

その後、新千歳空港に到着。広島と東京、それぞれの帰路に着きました。
今回の旅行では、ひさまつ産婦人科医院の方々と沢山のお話ができ親睦を深めることができました。

北海道は、昼間は半袖で暑いくらいでしたが朝晩は少し肌寒さを感じました。東京に比べたらとても過ごしやすく、この時期に北海道旅行するのはとてもお勧めです。

機会があれば是非、北の大地に足を運んでみて下さい。

投稿者:ウェブマスター

絵本のご紹介

2017年08月18日

暑い日が続いていますが、みなさまお元気でしょうか。
お子様たちも夏休みに入りまして、お子様連れやご家族でご来院される方が多く、待合室は連日賑やかです。

今回は当院の待合室にある、絵本のご紹介です。

たくさんの絵本をご用意しています。一部のご紹介です。
book1.JPG

インターナショナルな患者様にもお通いいただいているので、英語の絵本もあります。
book2.JPG

夏休みに読むのにピッタリの絵本。
book3.JPG

医療法人準和会オリジナル絵本
book4.JPG

スタッフおすすめの絵本。
ちいさなあなたへ・・女の子の赤ちゃんが生まれてから、成長していく月日を母の愛情を込めて綴ったストーリーです。シンプルな物語の中に、感動があります。
みんな、赤ちゃんだった・・月齢により出来ることを、イラストで説明してあります。思わずクスッと笑ってしまうようなかわいらしい絵と内容で、これからご出産の方へのプレゼントにも最適だと思います。
book5.JPG
絵本はお子様への読み聞かせはもちろんのこと、大人が読んでも心が温かくなるストーリーが多いです。
ゆったりとした当院の待合室で、是非お手に取って、皆様のお気に入りの一冊を探してください。

投稿者:ウェブマスター

勉強会「母乳育児支援」

2017年08月04日

当院は医療法人準和会のクリニックでして、広島には同じくひさまつ産婦人科医院があります。
ひさまつ産婦人科医院とはお互いの知見を広めてよりよい医療を提供できるようにと、交流勉強会を開いています。

遠く離れた両クリニックですが、いまは文明の利器、インターネットがその距離を感じさせないものとしてくれます。
リアルタイムに映像を見せながら、相手の顔を見ながらの勉強会を開いています。

5月には「母体急変時の対応」の勉強会を開催しまして、緊急対応のシミュレーション訓練をいたしました。
動き、声掛け、を電話や紙で伝達するのは難しいですが、映像+音声なら「一見にしかず」ですよね。
training_20170428_181656.jpg
【写真】 5月のトレーニングの様子。オペ室の映像を広島のスタッフへ見せているところです。

さて、今回は座学で「母乳育児支援」がテーマです。
ひさまつ産婦人科医院で用意したプレゼンテーションを東京マザーズクリニック側が見る形で勉強会が開かれました。
P_20170726_180023.jpg P_20170726_175936.jpg
乳頭痛・乳腺炎への対処、細菌感染のケースから赤ちゃんの体重についてのお話までカバーする内容でした。
双方のスタッフが、「こんなとき、どうする?」「どうした」をディスカッションし、お互いの知識の幅を拡げていきます。
中にはストレッチの仕方も含まれていて、ポーズを映像で見せたりする一幕もありました。
ひさまつ産婦人科医院は開院から約30年という大変経験豊富なクリニックですので、参考になることがいろいろとありました。

東京マザーズクリニックはひさまつ産婦人科医院ともども、医療の質を高めるため、今後もさまざまな勉強会を開いて、皆様のお役にたてるよう、精進したいと思います。

投稿者:ウェブマスター

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分