スタッフブログ

絵本のご紹介

2017年08月18日

暑い日が続いていますが、みなさまお元気でしょうか。
お子様たちも夏休みに入りまして、お子様連れやご家族でご来院される方が多く、待合室は連日賑やかです。

今回は当院の待合室にある、絵本のご紹介です。

たくさんの絵本をご用意しています。一部のご紹介です。
book1.JPG

インターナショナルな患者様にもお通いいただいているので、英語の絵本もあります。
book2.JPG

夏休みに読むのにピッタリの絵本。
book3.JPG

医療法人準和会オリジナル絵本
book4.JPG

スタッフおすすめの絵本。
ちいさなあなたへ・・女の子の赤ちゃんが生まれてから、成長していく月日を母の愛情を込めて綴ったストーリーです。シンプルな物語の中に、感動があります。
みんな、赤ちゃんだった・・月齢により出来ることを、イラストで説明してあります。思わずクスッと笑ってしまうようなかわいらしい絵と内容で、これからご出産の方へのプレゼントにも最適だと思います。
book5.JPG
絵本はお子様への読み聞かせはもちろんのこと、大人が読んでも心が温かくなるストーリーが多いです。
ゆったりとした当院の待合室で、是非お手に取って、皆様のお気に入りの一冊を探してください。

投稿者:ウェブマスター

勉強会「母乳育児支援」

2017年08月04日

当院は医療法人準和会のクリニックでして、広島には同じくひさまつ産婦人科医院があります。
ひさまつ産婦人科医院とはお互いの知見を広めてよりよい医療を提供できるようにと、交流勉強会を開いています。

遠く離れた両クリニックですが、いまは文明の利器、インターネットがその距離を感じさせないものとしてくれます。
リアルタイムに映像を見せながら、相手の顔を見ながらの勉強会を開いています。

5月には「母体急変時の対応」の勉強会を開催しまして、緊急対応のシミュレーション訓練をいたしました。
動き、声掛け、を電話や紙で伝達するのは難しいですが、映像+音声なら「一見にしかず」ですよね。
training_20170428_181656.jpg
【写真】 5月のトレーニングの様子。オペ室の映像を広島のスタッフへ見せているところです。

さて、今回は座学で「母乳育児支援」がテーマです。
ひさまつ産婦人科医院で用意したプレゼンテーションを東京マザーズクリニック側が見る形で勉強会が開かれました。
P_20170726_180023.jpg P_20170726_175936.jpg
乳頭痛・乳腺炎への対処、細菌感染のケースから赤ちゃんの体重についてのお話までカバーする内容でした。
双方のスタッフが、「こんなとき、どうする?」「どうした」をディスカッションし、お互いの知識の幅を拡げていきます。
中にはストレッチの仕方も含まれていて、ポーズを映像で見せたりする一幕もありました。
ひさまつ産婦人科医院は開院から約30年という大変経験豊富なクリニックですので、参考になることがいろいろとありました。

東京マザーズクリニックはひさまつ産婦人科医院ともども、医療の質を高めるため、今後もさまざまな勉強会を開いて、皆様のお役にたてるよう、精進したいと思います。

投稿者:ウェブマスター

敬語・接遇と医療事務の勉強会

2017年07月29日

こんにちは。

 

夏木立の緑濃く、木漏れ日も輝く季節になりましたね。

 

皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

 

東京マザーズクリニックでは、定期的に敬語・接遇と医療事務の勉強会をおこなっています。


P_20170726_131158a.jpg   P_20170726_131215b.jpg

普段、気づかずに間違って使用している敬語を正しく話せるよう、またクッション言葉を添えて丁寧に言葉を発せられるよう取り組んでおります。


間違いやすい敬語の例) 「おっしゃる」を「おっしゃられる」としてしまう二重敬語 
クッション言葉の例) お電話や受付対応時において「恐れ入ります」や「お手数ですが」を添える

ロールプレイを行い、患者様が心地よく感じていただけるよう、コンシェルジュを筆頭にスタッフ間で勉強しております。

勉強した言葉が自然と出てくるようになったスタッフを見かけると、成果が出てきたねと自然と笑顔まででてきます。


良い言葉は良い人生をつくると言う言葉を聞いた事がありますが、その通りですよね。

更に精進して参りたいです。

 

厳しい暑さが続いておりますが、夏風邪など召されませんよう、お身体御自愛ください。

投稿者:ウェブマスター

今年の七夕

2017年07月07日

皆様こんにちは。

いよいよ真夏を感じる気温になってきました。お体にお気をつけてお過ごしください。

さて、今日は七夕です。
2015年のブログ
に七夕の日は晴れが少ないというお話を紹介したことがありますsnail
統計上、昼間で4年に1回、夜間においては10年に1回くらいしか晴れないということです。

なんと、今年は晴れですsun
夜も晴れの見込みなのです。
非常に珍しい特別な七夕ですねhappy01

当院は毎年、京都から笹を取り寄せて病棟にて飾りをしております。
クリスマスツリーは一ヶ月くらい飾るものですが、七夕はほとんど1日限りです。
6日に飾り付けをして、7日に飾って、その翌日にはなくなります。
少し儚いですが、それがまたロマンチックな気もします。

では、ちょっとその飾り付けを紹介してみたいと思います。

IMG_20170706_131815.jpg
届いた姿はこんな感じです。
ビニールに包まれて紐で枝を縛った状態で届きます。
青々とした笹団子を思わせるいい香りが立ち込めます。

IMG_20170706_141256b.jpg
石を敷き詰めた台座に入れて固定します。

IMG_20170706_141559a.jpg
枝を縛っている紐を解くと、ぱっと広がります。七夕らしくなってきました。

IMG_20170706_143229b.jpg
飾り付けをすると、こんな感じになりました。あと一息です。

IMG_20170706_153018a.jpg
最後に願い事を書いた短冊をつけていきます。
入院中の患者様にもお願い事を書いてもらっています。

願いが叶うといいですねdiamond

投稿者:東京マザーズクリニック

母子栄養懇話会

2017年07月03日


皆さまこんにちは
梅雨の時期らしく、シトシトと雨の日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

6月10日母子栄養懇話会学術集会に参加してきましたnotes
P1240085.JPG
母子栄養懇話会とは臨床に携わる管理栄養士・栄養士や助産師、看護師、医師らとともに周産期栄養の向上、さらには次世代の栄養状態の向上に寄与する目的で設立されたものです。

今年のテーマは『低出生体重児を防ぐための栄養管理と連携を考える』でした。
近年わが国では平均出生体重が減少し低出生体重児の割合が増えており、低出生体重児で生まれることにより出生後の予後の影響や生活習慣病へのリスクも高まると言われています。低出生体重児の予防のためにも妊娠中の栄養と適切な体重管理が重要だと数々のデータの中からも証明されていました。
すばらしい先生方の講演内容とともに、自分自身が患者様にどのようにお伝え出来るか考えさせられた一日でした。
そしてまた全国から集まる産科の栄養士仲間との情報交換の場でもあり、有意義な時間を過ごしてきましたshine

投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分