スタッフブログ

研修について

2017年06月19日


皆様こんにちは。
6月になり、綺麗に咲く紫陽花をよく目にするようになりました。
いよいよ梅雨の到来ですね。
雨の日でも生き生きと咲く紫陽花を見ると元気がもらえますね。


さて、今回は先日行われた接遇の研修についてです。
当院では皆様がより快適にお過ごしになれるよう、おもてなしの心を大切に考えており、
毎年接遇の研修を行っています。
IMG_20170618_071128.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

今年も講師の先生に、ANAビジネスソリューションより、北敏枝先生をお招きしました。

研修は講義だけではなく、2人組でスタッフ役・患者様役に分かれ、デモンストレーションを
行います。はじめは緊張していましたが、徐々に慣れてくると、会話もスムーズになってきました。
言葉遣いや立ち振る舞いなど、普段の自分の様子を振り返ることができました。

半日の研修でしたが、とても充実した時間となりました!
東京マザーズクリニックでは、皆様が安全で快適にお過ごしになれるよう、今後も努力してまいります!

投稿者:東京マザーズクリニック

子供が大好きだった絵本

2017年06月05日

先日子供たちの部屋の片付けをしました。去年までの教科書やノート、たくさんの本を処分しました。
でも読み聞かせをしていた小さい頃の絵本はどうしても手放すことができませんでした。
「ぶーちゃんとおにいちゃん」は長男の出産祝いに友人からもらったものです。
かわいい兄弟のお話で、次男が生まれてからは二人が仲の良い兄弟になりますように、と願いを込めてよく読み聞かせていました。
「バムとケロ」や「くすのきだんち」のシリーズは子供たちのお気に入りでした。
DSC_0089.JPG
大きくなった子供たちはもう手にとって読むことはありませんが、今では母である私の宝物です。
大切に本棚に並べておいて、将来は孫に読んであげられたらいいなぁと思います。
 
みなさんもかけがえのない絵本の時間をお子さまとたくさん共有して、お気に入りを探してみてくださいね。

投稿者:東京マザーズクリニック

ちょっとだけ

2017年05月26日

皆様こんにちは。

急に、暑い日が続くようになりましたね。みなさまどのようにおすごしでしょうか??
体調を崩さないように水分補給をしっかりしていきたいですね。

ところで、お子様の絵本選びはどうされていますか??

東京マザーズクリニックに来ていただく妊婦さんの中にも二人目、三人目と上のお子様がいらっしゃる方も多くいます。
赤ちゃん返りで、上のお子様の対応が大変だったりすることはありますか??イライラしてしまうこともたまには、あるかもしれません。

そんな時、初心に戻るためにも、ぜひおすすめの絵本、
次の新しい命を家族みんなで待つときにおすすめの絵本を紹介したいと思います。

『ちょっとだけ』

cyottodake.JPG

あかちゃんが産まれたときのお姉ちゃんの気持ちがとてもよく表されていて、
最後にお母さんにだっこされる場面でドーっと涙が出るステキな絵本ですheart04

私はこれを見るとうちには子供がひとりですが思わず子供をだきしめたくなります。

もちろん、初めてお母さんになる方にもぜひ読んでもらいたい絵本です。



投稿者:東京マザーズクリニック

勉強会

2017年05月09日

皆様、こんにちはhappy01
先日行った勉強会「母体急変時の対応」について、お話しさせて頂きたいと思います。

今回は広島にある同じ医療法人準和会の『ひさまつ産婦人科医院』とビデオ通話で中継をつなぐという初めての試みで勉強会が行われました。
training_20170428_181656.jpg
実際の場面を想定したシミュレーションを行い、その映像と音声をリアルタイムに先方の医師・スタッフにみて頂いて様々なご意見やご感想を頂戴しました。
training_20170428_175611.jpg
様々な経験を積んだ方々と交流ができ、新たな視点でのディスカッションはとても貴重で有意義な体験でした。
今後もいろいろな状況を想定した勉強会を定期的に開催していく予定です。

東京マザーズクリニックは皆様のご出産が安全に行われることを第一に考えております。
急変時には迅速で安心・安全な医療が提供できるよう、今後も技術向上に努めて参りますshine

投稿者:東京マザーズクリニック

ネウボラをご存知ですか?

2017年04月22日

皆さんは“ネウボラ”という言葉を聞いたことがありますか?

フィンランド語で“ネウボ(neuvo)=アドバイス”、“ラ(la)=場所”、で、「助言の場」を意味する言葉です。
子育てのしやすい国と言われるフィンランドの子育て支援制度や施設をさしています。ネウボラには保健師さんや助産師さんがいて、女性の妊娠から出産、子どもの就学までの相談対応や支援を切れ目なくサポートを提供する総合的な支援サービスだそうです。

日本でも自治体によってネウボラ制度を始めているところがあり、世田谷区も昨年7月から「世田谷ネウボラ」が始まりました。
まず、母子手帳をもらいに総合支所に行く時に妊娠期面接の予約をします。状況によってはその場で面接もできるそうです(出張所では面接の予約ができません)。面接で、妊娠中や子育てについてのお話をしたり、地域の子育て情報なども教えてくれます。子育て利用券(1万円分)もいただけるんですhappy02
その後も何か心配なことがあったら担当になった保健師さんが相談に乗ってくれます。
世田谷区の他にも、品川区や中野区などでも同様の制度が始まっているそうです。
妊娠中や産後の不安を抱えるママは多いと思います。もちろん、まずは私たちにご相談くださいconfidentそして、これから始まる長い子育て、地域の保健師さんにも相談できる関係があると、とても心強いと思います。
thumbnail_IMG_2997.jpg


投稿者:東京マザーズクリニック

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分