スタッフブログ

新しいスタッフ

2021年04月17日

4月に入り、だんだん暖かくなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか??
 
中にはご家族が新社会人になったり、高校・大学入学など新しい生活がスタートした方もいらっしゃるかと思います。
 
そして、当院でも3月・4月で新しいスタッフを2名迎えさせていただきました。今回はそのお二人を少しご紹介させていただきます。
 
3月に来られたスタッフが下吹越さんです。
"しもひごし"と読みます。なかなか珍しい苗字で、(勝手に)調べたところ、全国に300名ほどしかいらっしゃらないようです。県外から東京に来られたため、外出ができるようになったら、楽しいことをいっぱい見つけて欲しいです!
 
4月から一緒に働いてくださってるのが、菅野さんです。菅野さんはコロナ禍で病院全体が忙しいこともあり、当院で働く前日まで前の病院で勤務されていました。前のご自宅からの引っ越しも、仕事が終わってから夜にされたそうで、その話を聞いた時はとてもびっくりしました。
 
 
        菅野さん   下吹越さん
 
 
お二人ともいつも笑顔で、当院に早く慣れようと頑張ってくれているので、これから皆様どうぞよろしくお願い致しますね!
 

投稿者:ウェブマスター

紫外線対策について

2021年04月05日

皆様こんにちは。満開だった桜も葉桜になり、春の装いから初夏に移り変わる季節となりましたね。今日はこれからの時期気になる紫外線についてのお話です。
 
妊娠中は赤ちゃんを育てるため体の中ではエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが増加します。プロゲステロンはメラニン分泌を促進する作用があるためシミやソバカス、色素沈着が生じやすくなり紫外線の影響を受けやすいと言われています。
そのため紫外線照射量が多くなるのでこれからの時期、紫外線対策が大切です。屋外に出る際は日焼け止めや帽子、サングラスを着用する、紫外線照射量が多い午前10時から午後2時は外出を避けるなどの対策を取られるといいですね。
 
そんなお肌に悪いイメージの紫外線ですが一方でビタミンDを作るという作用もあります。ビタミンDはカルシウム代謝を調整する働きがあり骨を丈夫にしてくれるビタミンで、日光に当たることにより体内で作ることができます。妊婦さんがビタミン不足になると赤ちゃんの骨量が低くなることが報告されており、食事からの摂取に加え15分から30分位の適度な日光浴が推奨されています。新緑の気持ちいい季節、ぜひ紫外線対策をしながらお散歩を楽しんでくださいね。
 
※2020年環境省紫外線環境保健マニュアルを参考にしています。

投稿者:ウェブマスター

心のストレッチ

2021年03月30日

 ぽかぽかと暖かい日も増えてきましたね。桜もちらほら咲き始め、いよいよ春本番です。今年も、コロナ禍ということで、お花見等の宴会は自粛が最善な状況です。緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ先行き不安な状態が続きますね。
 それでなくとも妊娠出産育児には不安はつきものです。ずっと家にこもりきりで、心が疲れ果てて鬱病を引き起こしてしまう二次的健康被害も問題となっています。
 対処法として一番大切なことは、不安なお気持ちをお一人で抱え込まないことです。ママたちの産前産後を支える専門家として私たちがいますし、日本の全てのママたちに母子保健担当の保健師もスタンバイしています。そのほかにも様々な社会資源サポートがあります。ネットで調べれば様々な情報がすぐ手に入る便利な世の中ですが、過剰に不安を煽ってしまう側面も。特に、妊娠出産産後の経過は百人百色、似た経過はあれど、全く同じ経過はありませんから、鵜呑みにしてはいけないケースも多々あります。
 当院では可能な限り、お一人お一人の不安や悩みにフィットしたアドバイス、サポートができるよう努めてまいります。ぜひ、健診やマザークラスなどでお気軽にご相談くださいね。
 最後に、この時期おすすめの気分転換方法をご提案。
人込みを避け、感染対策に留意しながら、緑道や公園をお散歩。街路樹の桜や木々の新芽を愛でるもよし、道端に咲く可憐な草花に癒されるもよし!日差しの元、ぐぅーっと背伸びをして深呼吸。春の息吹を胸いっぱいに吸い込んで、心のストレッチ、いかかでしょうか。
かがでしょうか?
  

投稿者:ウェブマスター

YouTube版マザークラス公開のお知らせ

2021年03月24日

こんにちはcherryblossom
桜も咲きはじめ、暖かい日が続いていますね。
 
 
当院では現在、Zoomミーティングを利用して
マザークラスを開催しています。
 
月に2回(第2、第4木曜日)開催中ですが
「お仕事やご用事があり参加できなかった…」
という声をいただいておりましたweep
 
 
そこで、この度
【YouTube版マザークラス】を公開することになりました!
 
お手持ちのスマートフォンやタブレットで
「いつでも、どこでも、何度でも」ご視聴可能となりますwinkheart04
 
 
Zoom版マザークラスでお伝えしている内容に加え
お時間の都合上、お話しきれていない情報も動画にしています。
 
動画1本あたり10分程度で
スキマ時間に気軽に見ていただけますし、
 
おうちで、ご家族と一緒に見ることも出来ますshine
 
また、Zoom版マザークラスに参加して頂いた方も
内容を見返すためにご活用くださいtulip
 
動画の本数もこれからどんどん
増やしていく予定です!
 
 
【YouTube版マザークラス】
当院に通院されている方であれば
どなたでもご覧いただけます。
 
ご視聴にはパスコードが必要となります。
ご来院の際に、スタッフまでお尋ねくださいhappy01

youtube.png



なお、Zoom版でのマザークラス・両親クラスは引き続き開催中です!
リアルタイムに話せて、質問や気になることを解決できるのは
Zoom版マザークラスだけの良さですsmileheart01
こちらも皆さまのご参加をお待ちしております。

zoommc.png
 
 
 
 
文責:院長

投稿者:東京マザーズクリニック

備えをしましょう!!

2021年03月08日

こんにちは

少しずつ暖かい日も増えてきましたね。皆さん体調に変化などないでしょうか?
 
さて先日N P O法人日本ラクテーションコンサルタント協会の「第18回I B C L Cのための母乳育児カンファレンス」とうい研修にリモートで参加させていただきました。たくさんの新しい学びがありました。その中で災害医療体制や災害時に求められる活動についてのお話もありました。
初めて聞く事も多く日頃から災害に備えることや自分自身の役割も改めて考えさせられました。
特に妊娠中の方や小さいお子さんにいるご家庭では普段以上に気を遣う部分も多いと思います。
皆さんもし災害が起こったらどうするかなど家族と日頃から話し合いなどしていますか?
私もこれをきっかけに防災リュックの中の整理してみたり非常食を買い足したりしました。
 
研修の中で紹介のあった災害時の栄養についてのハンドブックの一部紹介します。
災害時も母乳育児は免疫や衛生面だけでなく水や物が不足する際にとても強みになります。
普段ミルクをあげている場合も赤ちゃんに安全に栄養が確保できるよう注意する必要があります。ぜひ参考にしてください。
   



*公益社団法人 日本栄養士会『災害時に乳幼児を守るための栄養ハンドブック』より

また当院のある世田谷区でも妊産婦・乳幼児の災害への備えのリーフレット出しています。 災害時の備えについて詳しく記載あります。皆さん参考に日頃から備えをしてくださいね。



*世田谷区H P  

『妊産婦・乳幼児のための災害への備え』より

投稿者:ウェブマスター

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分