初診のご予約はこちら  初診ネット予約  TEL:03-3426-1131
(胎児ドックのご予約はお電話にて承ります)

妊娠・出産・子育ての役立つ情報

あかちゃんとママの防災

2024年01月26日

2024年になり早いもので1カ月が過ぎようとしています。

今年はお正月から能登半島地震に始まり、さて2024年の日本はどうなってしまうのだろう?と不安を抱いた方も少なくないのではないでしょうか。

日本は数年~数十年に1度、大地震が起こる地震大国の一つなのだと、改めて痛感する出来事でした。そしてまた、日頃の備えをしなければ!ということも感じました。

防災の備えに関して、備蓄用品は最低3日間分を目安に準備し、避難物品はすぐ取り出せる場所に置く。最初の避難のときに持ち出すものは「持てる・使える・助かる」もの。これが基本だそうです。

妊婦さんは、その初期・中期・後期で体調も異なるため、その時期のご自分にあった準備が必要です。また、あかちゃんがいるご家庭も+αの備えが必要になります。

以下のものは、通常の避難バッグの中にプラスして必要と言われている、妊婦さん・産後の方・乳幼児のいるご家庭用の避難用品です。

【妊婦さん・産後】

母子健康手帳、健康保険証、緊急連絡先のメモ(ご家族・病院等)、ゼリー飲料等簡単に摂取できる非常食、マスク、小銭(10円玉、100円玉を500円分程度が公衆電話で便利)、清浄綿、アルコールタイプのウエットティッシュ、生理用ナプキンか新生児用紙おむつ(出血・破水・悪露に備える)、携帯用トイレ、携帯の充電バッテリー、携帯用ラジオ、使い捨てカイロ、バスタオル、大きめのビニール袋、携帯用レインコート(保温に役だつ)、靴下

【乳幼児のいるご家庭】

上記に加え、ミルク(スティックタイプや液体ミルク)、市販の離乳食、アレルギー除去食(アレルギーがある場合)、ガーゼ類、紙おむつ(1日10枚目安)、おしりふき、保温用のタオル類、こどもの着替え、抱っこ紐

近年、地震だけでなく、異常気象などでも避難生活を余儀なくされることがあります。

この機会に、ご自身の住んでいる地域のハザードマップの確認、避難場所の確認、ご家族との連絡方法の確認など行っておくことも大切なのではないでしょうか。

最後に、このたびの令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。被害を受けられた皆様の安全と1日でも早く平穏な生活に戻られますことを心よりお祈り申し上げます。

参考資料:内閣府 あかちゃんとママを守る防災ノート

     東京都 東京くらし防災・東京防災

     日本助産師会 助産師が行う災害時支援マニュアル

妊娠中の胃腸の不調について

2023年12月21日

妊娠中、胃腸の不調であまり食べることが出来ないけど、大丈夫?

妊娠中、お腹が異常に空いて食欲が止まらなくて体重管理が大変という人が

いる一方で、つわりから始まり一旦はおさまったが、何だがスッキリしない、いつも胃もたれ

がする、ムカムカする、胃が痛い、食後上がってくる感じがする、など胃腸の不調で妊娠生活

快適に過ごせない方もいます。

妊娠中に必要な栄養が赤ちゃんにちゃんと届いているか心配される方も少なくありません。

妊娠中は赤ちゃんの発達において大切な栄養の一つにタンパク質摂取があります。

お肉、お魚、卵をしっかり摂ってほしいのですが、卵が比較的食べやすいのですが、胃腸が不調な方はお肉、魚が食べられないという方がかなり多いです。

妊娠中でも飲めるお薬もありますが、出来れば食事の摂り方から見直すと身体に優しいですね。

食前に酸っぱいものを先に食べる。胃酸の分泌を促す効果あり。よく噛む事。食事中に水をよく飲む方は水で食べ物を流しこんでしまうので、噛まない原因になるので注意。

胃の粘膜を保護してくれるキャベツや大根おろしを摂り入れる。

色々試してみたがそれでも食べられないという方は味噌汁やボーンブロスといった汁物から栄養を補う事も出来ます。

それでも上手に食べられない方はいつでもご相談ください♪

おひなまき

2023年11月27日

今回は「おひなまき」について注意点を交えて少しお話したいと思います。

おひなまきとは、赤ちゃんがママのお腹にいたときに似た姿勢を、おくるみやバスタオルなどの布でくるむことによって再現してあげる方法で、おひなまきでお腹の中にいた時と同じ姿勢をとってあげると安心し眠りにつきやすいと言われています。

赤ちゃんは、生まれてから生後4か月ごろまでは原始反射であるモロー反射などで手足がビクッとなりやすいので、布で巻いてあげると落ち着きやすく、寝かしつけがしやすかったりします。なので、私たち助産師もおひなまきをして赤ちゃんを落ち着かせてあげることもあります。

ただ注意しないといけないこともあります。
おひなまきをしたまま、長時間そのままにしておくと中の熱がこもってしまう可能性があります。それによって何が問題かというと。
私たちの体は、体温がある程度まで上がると、これ以上体温が上がらないように熱を発散させます。おくるみなどで包まれた状態だと発散した熱の逃げる場所がなくなり、包んだ中の温度がどんどん上昇してしまいます。結果さらに体温が上がってしまうということが起こります。
そうなると身体の働きを調整している自律神経の働きである副交感神経が優位になっていき、例えば赤ちゃんの呼吸の数が減っていったり、身体の機能がお休みモードに入ってしまったり、それが続くことによってSIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす可能性があるのではないかと言われています。
なので、熱をこもらせないためにも、おくるみとかでずっと包んで暑い状態が続くのを避けましょう。

おひなまきをする場合は、定期的に赤ちゃんの様子を見てあげて、お顔が赤くなっていたり、髪の毛が汗で湿っていたり、いつもより呼吸が早かったりした場合には、おくるみを外してあげて熱を逃がしてあげたりとかの対策が必要です。また、寝かしつける時や、泣いている時とかにおひなまきをして、落ち着いたなと思ったら、ちょっとおくるみを解いてあげるのもいいかもしれません。


おひなまきがいけないというわけではないので、上手に使いながら育児に取り入れられるといいですね。

文責 院長

バースプランって何?

2021年01月30日

皆様は、「バースプラン」っていうものはご存知ですか?
出産の準備のひとつにバースプランとういうものがあります。      

当院では健診時にバースプラン用紙をお渡ししていますが、、、バースプランをたてましょう!と言われても何をたてたらいいのかわからない、そもそもバースプランって必要なの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
なぜバースプランを書くのか?
何を書いたらいいのか?
今回はバースプランについてお話したいと思います。

皆様は、妊娠の有無関わらず、将来自分はこんなマタニティライフを過ごしたい、こんなお産をして、家族とこんな風に過ごしたいなど想像したことはありませんか?

「こんなお産がしたい」「こんな育児がしたい」というプランを立てる。それがバースプランです。
バースプランを立てる過程は、自身の妊娠・出産・育児について落ち着いて向き合える時間になりますし、夫婦や家族と一緒に考えれば、出産への気持ちを一緒に高めることもできます。
どのようなお産にしたいか、産後どう過ごしたいか、、、などを具体的に考えることが大切であり、イメージしておくことで安心して出産に臨みやすくなったり、自分の希望に沿ったお産にしやすいメリットがあります。

例えば、、、
陣痛中をどのように過ごしたいか(陣痛室や分娩室の部屋の環境:暗めの照明、音楽、アロマなど)、誰に一緒にいてほしいか(夫や家族の立ち会いなど)、もし帝王切開での出産となった時にしたいことなど、また分娩後にしたいこと(カンガルーケア、早期授乳、ビデオや写真撮影など)、赤ちゃんが生まれる大切な瞬間をどう過ごしたいかについても考えておくといいですね。お産経験がある方は、その時の良かったことや嫌だったことがあれば伝えてください。
入院中にお願いしたいこともあればご記入ください。部屋のタイプや、母子同室について、面会やお見舞いについて、赤ちゃんの預かりについてなど、気になることは全て伝えてください。
バースプランに記載しておくと、産科のスタッフとの話し合いもスムーズになるはずです。

かけがえのない命が誕生する貴重な瞬間であるからこそ、できるだけママの希望に沿った形をとりたいと私たちスタッフは考えていますが、設備や母子の安全面などの観点から希望に沿えないものもあります。不安や心配事があればいつでもご相談ください。

最後に、東京マザーズクリニックは、一生のうちに幾度とない出産を、妊婦さまやご主人、ご家族の方々にとってより満足のいくものにしていただきたいと思っています。
ご自宅で、ご主人やご家族の方と話し合いながらバースプランをご記入ください。
皆様のバースプランは妊娠36週頃に看護スタッフが一緒に確認し、スタッフ用に一枚コピーさせていただきます。
出産までにスタッフがバースプランを拝見し、できる限りご要望に沿ったお手伝いをさせていただきます。

このバースプランが出来上がり、出産を終えた時に、どんな気持ちで妊娠中や出産後を過ごしていたのか、わかるようになっています。
お子様が大きくなった時にぜひ、一緒にご覧になってみてください。

                                                                   illust991_thumb.gif文責 院長

妊娠に向けた体力づくり

2020年11月03日

こんにちは今回は、妊活の1つとして運動が大切である理由や、健康的な体作りによって得られるメリットをお話していきます。
 
からだづくりのメリット
①女性ホルモンのバランスを整える
適正体重(BMI22)ではホルモン分泌が整い、妊娠しやすいと言われています。
やせ過ぎは女性ホルモンの分泌量が少なくなったり、太り過ぎでは体重に対してのホルモン量が少なくバランスが崩れることがあります。
実際に不妊の原因の約10%は、
やせ過ぎと太り過ぎと言われています。運動をする際には、適正体重を意識しながら筋肉をつけたり、ダイエットするのも良いですね

②適度な運動でストレス解消できる
運動によって脳の血流が活性化され、気分の落ち込みが発散されたり、心と身体のリラックス効果が期待できます。
運動による達成感や満足感は、気持ちも前向きにさせ、心に安らぎをもたらすセロトニンの分泌も増えます。
また、
運動による適度な疲労は睡眠の質を高めてくれるとも言われています。ストレスは妊活の大敵ですから、運動をして上手に解消していきたいですね
 
 
③妊娠生活が順調・出産もスムーズに進む
厚生労働省のデータでは、肥満(BMI25以上)になると、妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病・巨大児の発症率・帝王切開率が高くなり、痩せ(BMI 18.5未満)になると、切迫早産・早産・低出生体重児を出産するリスクが高くなるとあります。
妊娠生活が順調であるためにも、
健康的な体作りが必要といえます。
また、
出産がスムーズに進んだ方に話を聞くと、「運動が好き」「ヨガに通っていた」「おうちでエクササイズしていた」など、普段から運動習慣がある人が沢山がいらっしゃいました
日頃の運動習慣が、妊娠中・
出産時にも良い影響を与えているみたいです!

 
おすすめの運動について
下肢の筋力アップ=卵巣力のアップと言われていますから、下肢の筋肉を動かすウォーキングがオススメです。
ウォーキングはリズム運動なので、セロトニン分泌も促しストレス解消も期待できます。
その他リズム運動には、意識呼吸法を行うヨガ、ピラティス、ストレッチも含まれます。ご自身にあった運動法を選んでみてください
 
妊娠を考えている方はもちろん、妊娠中にも運動は効果的です。運動の秋、ぜひ皆さんも体力づくりを始めてみませんか?
 
 
 
 
 初診ネット予約  (胎児ドックのご予約はお電話にて承ります)

TEL:03-3426-1131

FAX:03-3426-1170

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分