院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

2月9日発売号小学館/女性セブンに『痛み』の記事が掲載されます。

2023年01月28日

2月9日小学館発行の女性セブンさんに『日本人と痛み』というテーマで掲載されることが決まりました。昨年末発行された『とれない痛みはない』の内容を含みつつも、さらに新たな視点や考え方などを交えて、お話をしたいと思っております。

日本人として、女性としてなどの視点や、痛みと認知症など他の疾患などとの関連など興味を持っていただける内容になっていると期待しております。

日常に潜む痛みと、その解決法にスポットを当てておりますので、どの人にも参考になる内容です。 是非ご覧になっていただけると嬉しいです。

Amazon Audibleのポッドキャストでの配信が決まりました。

2023年01月21日

Amazon Audibleでは、本の先行として2022年12月16日、23日からそれぞれ『武器になる教養30min.by幻冬舎新書』というポッドキャストでの配信が決まりました。ご興味がありましたらこちらも是非聞いてみてください。内容は前回お知らせした『とれない痛みはない』(幻冬舎)の本の宣伝を兼ねたもので、本の内容の告知や私自身についてお話しします。
こちらのポッドキャストは放送から約1年経過し、好評で継続が決まったそうです。
赤坂にあるスタジオでの収録は緊張しましたが、とても楽しかったです。
前半は真面目に痛みのことを語っていますが、後半は編集者の方と私の普段の様子や、本の制作に関する内容をお話で、私の趣味のお話も出てきてしまい、完成が楽しみです。
私もこれを機会にAmazon Audibleの会員になり、通勤時に聴くようになりました。
是非こちらも聴いてみてください。

11月30日に当院の麻酔科医、柏木邦友が本を出版しました(後編)

2023年01月05日

今回は11月30日に発売となった『とれない痛みはない』の中から、出産の痛みに関する、薬剤を用いない痛み緩和法を取り上げたいと思います。
自然分娩で陣痛で苦しんでいるときに、腰をさすることがあります。腰をさすることで陣痛の痛みが緩和されるからですが、これは『気のせい』や『気持ちの問題』などではなく、実際に痛みが減る現象で、なぜ痛みが減るのかについてご紹介します。
子宮収縮による痛みの信号は、子宮から脊髄を通り、脳に信号が届き痛みと感じますが、実は脊髄には痛みの信号が通る道に門があり、ある条件を満たすとこの門が閉じることで、痛みの信号が通りにくくなる現象が起きます。この現象を『ゲートコントロール理論』と呼び、ある条件とはさするなどの刺激です。例えば、肩や胸をさすってもダメで、腰をさすることが重要になります。至急の痛みの信号が通る神経と同じ走行なのが腰の神経だからです。
昔から『手当て』というように傷を治す意味のこの言葉にも手を当てるという表現が使われますし、日常でもお腹が痛くなれば、お腹に手を当てますし、痛み場所に手を置く行為は我々が知らないうちに身につけた習慣と言っていいでしょう。
『とれない痛みはない』にはこのような痛みに関する知識が数多く収録してありますので、現時点で痛みがある方だけでなく、将来に対する痛みの不安解消にも役立ちますし、日本人の2人に1人はかかるというがんの痛みについても記載してあります。
是非、読んでいただけると嬉しいです。

11月30日に当院の麻酔科医、柏木邦友が本を出版しました(前編)

2022年12月20日

皆様にご報告があります。
私、柏木邦友が11月30日に幻冬舎さまから本を出版させていただきました。
タイトルは『とれない痛みはない』です。
お近くの書店で購入は可能ですし、Amazonでは電子書籍でもご覧になれます。
また来年2月にはAmazon Audibleで聴くこともできます。もし普段なかなか本を読まれる習慣がない方でも耳から聴いていただくこともできます。
第1章「痛み」とは何か
第2章頭痛、腹痛、肩こり、腰痛、関節痛は、こうして治す
第3章終末期の痛みや苦しみはとり除ける
第4章手術時の麻酔は本当に安全なのか
第5章痛くない「出産」が日本で広がらない理由
第6章痛みに困ったとき、どうやって病院を探すか
次回は少しだけ内容を具体的にご紹介したいと思います。

無痛分娩の地方格差(その2)

2022年12月12日

前回に引き続きまして、無痛分娩の地域格差についてお話ししたいと思います。
私は週に1回静岡県で無痛分娩をしており、無痛分娩を始めて2~3年ほど経過しました。当初は無痛分娩率4%でしたが、今年9月現在36%まで増加(2022年10月28日静岡新聞掲載)し、まだ増え続けていることを実感しています。静岡県は横長の県で、西は浜松医大や聖隷浜松病院(JALA未掲載)が無痛分娩をしており、他個人病院が2つJALAでは掲載されていますが、そのほかは掲載されておりません。同じ県でもこのように地域格差があります。
一方東京都はJALA掲載だけで御覧の通り、無痛分娩を希望する場合でも選択肢がいくつか出てきます。

そのため、無痛分娩でも和痛であったり、完全無痛であったり、麻酔科医がいるかどうか、24時間やっているかどうかなども選択が可能となります。
当院の無痛分娩の特徴は完全無痛分娩、麻酔科医がおり、24時間対応しておりますので、選択肢の一つにしていただければありがたいです。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分