院長と麻酔科医の無痛分娩あれこれ

無痛分娩の地方格差(その1)

2022年12月06日

都会と地方とで無痛分娩率に違いはあるのかという本邦での調査は私が調べた範囲ではありませんでした。私は現在東京マザーズクリニック以外にも静岡県や千葉県でも無痛分娩を行っており、地方での無痛分娩の現状について触れてみたいと思います。
まず以前お伝えした『全国無痛分娩施設検索』で全国を調べてみると以下のものでした(2022年10月28日現在、わかりやすくするため、北海道と沖縄がはいってなくてすいません)。

御覧の通り、東京、名古屋、大阪では無痛分娩ができる施設は集まっていますが、そのほかの地域では『全国無痛分娩施設検索』に登録されている無痛分娩ができる施設はあまりありません。また、地方でも県庁所在地など都市部に集中しており、無痛分娩を受けたくても近くに施設がないことや、24時間無痛分娩を行っていないために夜間の出産で無痛分娩ができなかったということが地方では起こりやすいことが予想されます。
医師、医療の偏在化が要因と考えられ、当院でも『絶対に無痛分娩で生みたいから』という理由で遠方にお住まいの方がわざわざ当院で出産される方もいらっしゃるほどです。今後、無痛分娩の地域格差が解消していくことを願っております。

胎児ドック専用回線

TEL:03-5450-3216

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
東急田園都市線用賀駅よりタクシー 約5分、徒歩約13分